内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME>研修所概要>研修所情報

研修所情報

内観原法を引き継ぐ内観研修所

北陸内観研修所は、所長の長島夫妻が内観をすることと、内観原法を継続するために開設した内観専門の研修所です。

 

面接スタッフ自身が、内観することが目的です。

 

前所長は、内観の真髄を極めたいと願い、内観の開設者吉本伊信の元で集中内観を繰り返しました。しかしその本懐が果たせず、郷里富山県に帰って社会の荒波に揉まれる中で内観を深めたいと臨んだのです。晩年に膵臓癌と告知され「死」を甘受したとき、一念に遇いました。内観は、どんな逆境でも感謝(ポジィティブ)の心をもつことを目指します。内観をつづけると、それが可能であり安らかな臨終を迎えることを体現してくれました。

 

幣所のスタッフをも含め、師吉本の口癖であった

「世界中の人が、内観によって救われて欲しい」。

この言葉が、北陸内観研修所の理念です。

 

もう一つの課題は、師吉本の教えをそのまま後世に残すことで、それを使命とし、現所長の長島美稚子にその遺志を託しました。

 

師吉本の時代から半世紀にわたって社員研修としてご利用いただいているある企業は、全社員に内観をさせることで発展してきました。内観することで視点の変化による気付きがあり、それによって心に余裕ができ、感謝の念が生まれるとといいます。これは内観原法の効果の現れだと、考えられます。

 

北アルプスの麓に位置し、大自然を見渡せる広い敷地をゆうする北陸内観研修所は、通常の内観とともにゆったりとした内観もご提案できます。

 

一人一人に即した援助によって生かされている喜びを感じられるためのお手伝いをさせていただきます。

 

  所長 長島 美稚子

   

沿革

1976〜1985年 前所長 長島正博が、吉本伊信夫妻のもとで9年間助手。 師吉本の内観研修所を基として、北陸内観研修所の体制を作る。
1982〜85年 現所長長島美稚子、長島正博と結婚後、 吉本伊信夫妻の元で助手として住み込む。
1985年 富山県に戻り北陸内観研修所を開設。
1988年 北陸で初めての日本内観学会大会が富山市で開催される。
その後、北陸内観懇話会、通称「さわやか会」が2ヶ月に一度、
(H22まで)22年間富山市民病院で開かれている。
1993年 北陸内観研修所外観現在地に新居移転。
2010年 前所長(長島正博) 5月21死去。享年63歳
1993年〜現在

所長、臨床心理士の資格を収得。

北日本新聞のエッセイ「こころのかたち」を2年間掲載。現在は同誌「生き方アドバイス」の回答者をしている。

所長、各相談施設でカウンセリング経験を積む。

心理臨床における内観の研究をつづけ、学会で発表。

内観、臨床心理の研修会にも参加し、研磨している。

日本内観学会評議委員に就任。

これまでに1万人以上の内観面接をする。

 

 地域貢献 

こころの学び

北陸内観懇話会さわやか会を二ヶ月に一度開催

(平成23年5月よりアイ・クリニックで開催)

 

富山市から受託された講話 心の健康や職場のメンタメケアについて
富山市民病院精神神経科 富山市民病院精神神経科の一日内観の面接者。開所当時から途切れることなく20年以上継続した。(現在は終了)
ゲートキーパーネット 自殺予防に取り組むゲートキーバーの団体


マスメディア

マスメディア テレビや新聞など取り上げられてきました。(DVDに編集)
・「自分を見つめる」(NHK)
・「内観面接者 長島正博」(富山テレビ)
・「愛が見えるタイムトンネル」(北日本放送)
・「拒過食症・新しい扉の向こうへ」(テレビ東京) 他多数


内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中