内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記自己啓発>看護師

体験記 自己啓発

内観体験記 自己啓発 看護師


アルコール専門病棟看護師内観体験

精神科では、心理療法として内観を取り入れているところがあります。

 

今回の便りは、アルコール依存症の患者さんを指導するために自ら集中内観を受けた、ある県立病院の看護師さんの内観レポートです。


もうひとりの自分に出会えるだろうか、もし心の奥底に到達することができても、ある時代に対して向き合える勇気があるだろうか……。 車中で、そんな考えが浮かんでは消えていった。

 

病院から送り出されるとき、院長から「大変だが、皆やってきたことだからやれるだろう。 がんばってきなさい」と、あたたかい言葉をいただいたことをリアルに思い出した。

 


アルコール治療に生かせればと自分に言い聞かせた。 休む間もなく研修がはじまった。一回の面接の後、風呂に入った。少し窓を開けた。 「とんでもないところにきてしまった」と思わずつぶやいた。

 

どのくらいの時間が経ったのであろうか。 膳が運ばれてきた。あったかい家庭料理。この時ばかりは人のぬくもりを感じ、おいしくいただいた。


2日目。何も考えられない。焦り、不安が生じて頭のなかは混乱してきた。
夕方には、〔母に対する自分〕を現在まで調べ終えたが、実に薄っぺらなものであった。

 


〔父に対する自分〕の小学校低学年時代を調べていて、家に帰りたい! こんなことをしていても無意味ではないか、皆に笑われるだろうが、どんな理由をつけても帰れないだろうか=@そんないくじのないことを考えていた。


4日目に入っても、内観は浅く先生の面接が負担になりはじめていた。
それでもできるだけ〔父に対する自分〕を思いだしていた。

 

高校時代について調べるつもりだったが、雑念が入り幼少時のころを回想してしまった。

 


ブリキのおもちゃが全盛期のころだった。よく叱られたなあ―― 。
納屋にほうり込まれた。父を恨み反省はしなかった=@外はどしゃぶり、雷が鳴り響き私の内観も風雲急を告げる、そんな予感がよぎった。

 


5日目、私の心は澄んでいた。平静で心に少しの乱れもない。
過ぎ去った日々にタイムスリップし、心のドアに手がかかったそのときに聞いた一本のカセットテープは衝撃的だった。

 


自分の境遇とオーバーラップし、しばし屏風のなかで泣いていた。
それからの私は、真剣になってきた。幼少期の出来事がくっきりとした映像として浮かんできたのだ。

 


7日目、母に対して2才刻みで調べていた。
小学2年より私はいじめにあい、毎日が地獄であった。

 


母は病気がちで家にはいず「母なし !母なし! 」とからかわれ、時には母を恨むこともあった。その辛かった時代を静かに軽く目を閉じ、深呼吸して当時の情景を思い浮かべてみた。


看護師 負けてはいられない!!

 

母が泣いている。
病院のベットの上だ。自分がそばに立っている。

 


母恋しさに耐えきれず学校をさぼり、長時間かけて線路づたいに歩いてきた自分だ。 母は、喜びながらもどうすることも出来ず、不憫な我が子を想い、涙にくれていたのだ。 そして私を抱いた。言葉にならない。 別れ際、交わす言葉は少ない。


床から起きてきて、心配そうに私が見えなくなるまで見送ってくれている。
自分も、トボトボと歩いて帰っている。そんなシーンが、映画を見るように伝わってきた。

 


いじめられた原因は、母がいなかったからではなかった。 寂しさが表面に出て、回りを暗くし、自分の殻に閉じこもり、友達から遠ざかっていったのではないか。

 


自分からいじめを呼び込んだのではないか。 そんなふうに思えた。 母が退院してきてから、私は次第に明るさを取り戻していった。


こうして私は内観をとおして、過ぎ去った自分というものに出会えた。 気が付いたことは、自分ひとりではけっして生きていけないということだ。

 

研修に来る前の内観のイメージは、新興宗教のように講師から何度も同じことを頭のなかにたたき込まれ、洗脳されるというものであった。 自分が変わってしまうのではないかという怖さがあったことは否めない。

 

しかし、内観は根本的に違っていた。


今回、内観研修というチャンスを与えてもらいアルコール指導者として配慮してもらった。 それにまつわるテープを聞かせてもらったり、実際に内観の面接仕方も教えていただいた。

 

少々緊張した。内観をどう院内で生かすか、テーマのようなものをもらった。


私が思っている以上に、当院以外のアルコール専門病院は内観に力をいれて効果を上げている。

 

何事をするにも二番煎じではなく、一番がいい。負けてはいられない! そんな気持ちを強くして帰ってきた。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中