内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記自己啓発>孤独感

体験記 自己啓発

内観体験記 自己啓発 孤独感


生きている実感を取り戻す

以下は、北陸内観研修所で内観体験されたおずさんのブログです。

 

 

おずさんの内観経過は、よく覚えています。

生きるための必死の内観体験でした。

 

その心の軌跡がブログに書き連ねてあります。生身の声、それが人の心を打つのだと思います。

 

おずさんの内容に共鳴される方は、今の日本には多くいるようです。そのリンクより内観を知られ、このサイトを訪れる方は後を絶ちません。

 

人との強い絆を実感できない、対人関係が苦手な子供は年々増えていると言われています。

 

虚無感・無気力感・実在感のなさを感じるとつぶやきます。さらに、自分が自分でない感じを抱き、日常生活に支障をきたすようになると「離人症」という病名がつくかもしれません。

 

症状が軽いうちに、より生きやすくなるための自己啓発としての内観をおすすめ致します。

 

生きている実感誰といても、むなしくて、寂しくて仕方がない

 

こんばんわ、おずです。  

 

今日はわりあいと暖かかったですな。  友人と二人で井の頭公園あたりで  楽器を練習したりしておりました。

 

■昨年11月  11月頃、私は非常に精神的にきつい時期におりました。  何をしても、誰といても、むなしくて、寂しくて仕方がないのです。

 

 

どうしようもなく孤独感を感じてしまい、 生きていても仕方がないとすら感じていました。

 

 

そこで1週間ほど、内観というものに行って参りました。

内観というのは、自分の過去を調べていく作業です。  主にうつ病の治療として、日本発祥のセラピーとして、今は世界に広まっているものです。

 

 

何度か友達に話を聞いており、一度いってみたいなと思っていました。

内観を更に具体的に言うと母親、父親を中心に自分の周りの人にたいして  してもらったこと、して返したこと、ご迷惑をおかけしたことを  年齢順に調べていくんですね。

 

屏風に囲われたところに静かに座って、  例えば小学校低学年に母親にしてもらったこと、というのを  2時間かけて思い出します。

 

 2時間後、おぼうさんが来て、ふかぶかと頭を下げられ、

 「この時間はどんなことを調べて下さいましたか?」 と聞かれます。

(注 所長はお坊さんではありません。坊主頭なのです。(^^;))

 

そこで  「小学校低学年の頃の母親に対する自分を調べました。」  と応えます。  「どんなことがみつかりましたか。」  と聞かれます。  「毎日、朝ごはんを作って下さいました。 して返したことはありません。

お皿を洗いましたが、それは自分の食べたお皿でした。

 迷惑をかけたことは、朝寝坊して、起きなさいと言われても なかなか起きませんでした。」

 

これを一日15時間、それを7日間、ぶっつづけでやりました。

食事は出ます。  お風呂も入ります。  夜は寝ます。

でもそれ以外はずっと、ひたすら、してもらったことを思い出すわけです。

 

最初はなかなか見つかりません。

してもらったことなんてあってっけなぁ?  してもらうべきことをしてもらってないことならあるのになぁとか、 絶対に感謝なんかしてたまるかとか、

そういう態度なわけです。

 

しかし、次第に、その抵抗にも疲れてきて、ふと見え出すんです。

 

お母さんは体は弱かったなぁ。  朝起きるのも大変だったろうに。

毎日、起きて、朝ごはんを用意して、僕を起こして、ご飯を食べさせてくれ、送り出した後は、お皿を洗って、洗濯と掃除をしてくれ、買い物に行き、夕飯の準備をし、お風呂を暖めておいてくれ、、、

 

 

はじめはそんなことはあたりまえだと思っていました。しかし、これが1年のうちに365回。

10年のうちに3650回。

 

そのうちに、2回や3回、十分でなかったときもありましたが、残りの3647回は毎回、何も言わず、見返りを求めることもなく、ただひたすらに、お母さんは僕につくしてくれた。

 

 、、、ということが見え始めました。

このときの衝撃をどんな風に言ったらよろしいでしょうか。

何度かやるうちに、ふと、もっとびっくりすることを思い出しました。

 

 

母親は、僕を産んでくれたのです。

もともと体の弱い人でした。その人が自分の命を削って、産んでくれた、ということ。

 

それに気づいた時、声をあげてなきました。

号泣というものを生まれて初めてしました。

これらのことを、私は今まで、本当にあたりまえのことだと思っており、

してくれなかったことについて不満をもって生きていた、と気づきました

 

 

それから、ずいぶんと世の中が変わって見えるようになりました。

 

■内観  今、改めて言えることは、過去には自分を元気にする力があるということ。  どんな人でも、世話になったことがあると思います。

 

たとえ、自分は一人だと思っていても。  実際、僕はそうだったわけですが。

それを思い出し、心にとどめるということは間違いなく

人生を変えます。

 

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中