内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記内観療法>摂食障害

体験記 内観療法

内観体験記 内観療法 摂食障害


メールカウンセリング

「幸せ」になった摂食障害の夏子さん ―電子メールの交換―

心療内科や精神科から紹介されてやってくる摂食障害者は、おもに親子関係の修復を目的として来所します。


27歳の夏子さんとは、初回の集中内観後より何度か電子メールでやりとりを交わしました。 その形式で、この話は進んでいきます。


《夏子さんのプロフィール》
私は15歳の頃から摂食障害が発症し、高校時代は拒食、大学時代は過食に苦しんできました。 食べ物のことで頭が一杯になると、何も手につかず生きていることが苦しい。

 

幼い頃から母が大好き。いつも側にいたかった。 でも自分を受け入れてくれている≠ニ感じたことはありませんでした。


昨年会社を辞めてから週に一度、心療内科できちんとカウンセリングを受けるようになりました。 今、こうして私の病気のことを家族は一番に考えてくれるようになったのだから幸せではないか、とどんなに思い込もうとしても、両親は、私が発症してから十年以上もほっといたという気持ちが勝ってしまう。

 


その怒りと憎しみの感情を両親に対して持ち続けていることが非常に苦しい
その感情から抜けられるようになるのならどんなことでもする、という思いで来所しました。


さらに現在、つき合っている彼と結婚して幸せな家族を築きたい。 そのためにもマイナス感情から抜け出さないと結婚を決意できないのです。


○双眼鏡で見ていた、母の欠点
母娘の親子内観は、無事一週間終わりました。


《初回の集中内観後の感想文から》
両親が健在なうちに私の気持ちを変えることが出来て良かった。
そうでなければ、両親を恨み、人を羨み、「自分だけが病気で不幸だ」 という考え方をずっとしていただろうと想像すると、背筋がゾッとするくらい恐い思いです。

 

また、病気になってから一番身近な存在の母に対して、もう欠点しか目に付かなくなっていたことが、 ハッキリ分かったときは 「どうしてあんなに優しくて、私のことをよく考えてくれ、 良いところをいっぱい持っている母に対して目を向けず、悪いところは双眼鏡で小さな虫を一匹一匹殺すくらいの思いで見てしまっていたのだろう」 と自分が偏った物の見方をしていたことがよく分かりました。


「自分のものの見方」というものが、いかに自分が≠ナ自己中心的であったか分かりました。

 

物事はいくらでも悪く見られたり、良くも見られるということが「人の言葉」 ではなく、「自分の心」でよく分かり身にしみました。

 


また、3食3食おいしい食事を作ってくださり、頭が下がる思いで食べていました。

 


私は、子どもの茶碗で一膳くらいしかごはんが食べられず、大きなお茶碗にごはんが入っているのを見ると、まだ抵抗があります。

 


「少な目にお願いします」と言っていたのですが、本当においしくいただき、もっと食べたいと感じたことに実は自分でも驚いておりました。

 

《夏子さんの一週間後のメール》
本当に集中内観に行ってよかったなあ、ということは帰ってきてから改めて思う次第 です。 その一週間は、どんな楽しい旅行に行くよりも、私には素晴らしい旅行でした。


彼に「それって賞味期限はないの? 」と言われたので、
「そうそう、日常内観をしないと、私なんてすぐ賞味期限がきちゃうから、そのためにこうした物をもらってきたのよ」と、 吉本伊信先生の言葉を部屋にかけ、内観の時と同じようにクリアーファイルに入れた母に〈してもらったこと〉等などの紙を見せると、 彼は「じゃあ僕たちの間で、内観の面接をやりあおうよ」と、言ってくれました。

 


こんな良き理解者が私の周りにいてくださるということだけで、本当に私は幸せ者です。

 


《面接者からのレス(レスポンス 返信)》
メールありがとうございました。
夏子さんだけでなく両親を恨んでいる人が多く、恨んでいること自体がその人にとって不幸です。 重い心を軽減させてあげたいですね。 調子が悪くなったら、内観便りをください。

 


《2週間後の夏子さんのメール》
先週一週間は、日常内観を定着させるために自分なりにいろいろ工夫してみました。

 


その中のひとつとして、内観体験を短歌にしてみました。

朝風の中を母娘で草むしり会話はせずも心通いて

夕風呂につかりながらも考えるこの温もりは母の愛情

内観研修所での体験は写真に撮ることはできないので、せめて歌にしました。

 


昨日は会社を辞めてから、初めてアルバイトの面接に行って来ました。
きちんとやれるかどうかは分からないけれど、なんでもやってみようと意気込め、自分は病気だから≠ニいうから少し抜け出た気がする今日この頃です。
また、気分的にも生活していくことが楽になった気がします。

 


《面接者からのレスポンス》
うれしいメールありがとうございました。
一歩一歩進んで行ってください。  またメールを、お待ちしています。


摂食障害見えないけど、絆はある!!!

 

○夏子を支えてくれた結婚相手
《3ヶ月後の夏子さんからのメール》
現在、私は販売員のアルバイトをしています。 仕事にはなかなか慣れませんが母の大きな愛に見守られ、お陰さまで元気に毎日働いています。 しかし、どうしても今、失恋の痛手からはなかなか立ち直れません。

 


それまで過食した後も、 「長い目で待っててあげるから、あせらなくていいよ」
と慰めてもらいましたが、こんな病気だから≠ニいう引け目から、私は結婚をしたくてもできないものと思っていました。

 


2年間交際していた彼から結婚をほのめかす言葉はたくさん言われましたが、私からは怖くて言ったことはありませんでした。

 


カウンセラーから「病気だって結婚できる」と言われた言葉に励まされて、ある日それを切り出しました。 ところが「今の自分にはまだ結婚をする覚悟がない。
タイミングが合わなかったんだ」という思いもしない返事で、別れることになってしまったのです。

 


私は自分のことはさておき、結婚詐欺にあったような被害者意識になり
「やはり、この病気も一緒に、丸ごと私を引き受ける勇気が彼にはなかったのだ」と憤慨し、 「結婚しようね」と言っていた彼の言葉を信用した私がバカだったと思い込もうとしています。

 


母の内観はしていても、彼の内観はしていないからなのでしょうか。 別れた当初はあまりにも辛く、彼に対する内観を無理矢理行い、気持ちを落ち着かせようとしました。

 

しかし、時が経つにつれ、逆に本当の寂しい、辛い、裏切られたという思いが徐々に、しかも激しく湧き出てきて、その強い思いを自分自身持て余しております。

 

気分が落ち込んでいる時などやはりこの病気のせいで、彼との結婚は成り立たなかったのだ という気持ちが強くなってしまいます。

 


こういう場合、彼の内観をする気になれなくても内観をした方がよいのでしょうか。 それとも、母と父と家族は私を愛してくれている、という幸せな安堵感があれば、自然に消えてくれるものなのでしょうか。
唐突な質問で申し訳ありません。

 


《面接者からのレスポンス》
彼と別れたのですか。残念ですね。 内観をしていると、悩んでいたことが些細なことに思えてきたという現象が起きることがあります。

 

「何でそんなに悩んでいたのだろう? 」と以前の自分を不思議に思うことが、しばしば見うけられるのです。

 


夏子さんの今の心情と似通った女性の内観体験記を添付します。
参考になれば幸いです。


《5ヶ月後のメール》
別れた彼から、プロポーズされて心が揺れています。

 

アルバイトでしたがフルタイムで働いて自信がついてきたため、彼に友達として電話をしてみようという心の余裕も出てきました。 すると彼が「入院をしている。見舞いにきて欲しい」と言ってきたので、ためらったのですが、ふたりの共通の友達とお見舞いに行きました。

 


数日後、「いつも側にいてくれて、いるのが当然で大事さに気づかなかった。

いなくなって始めて自分に必要なのは君しかいないと分かった。 見舞いを口実に会えてよかった」と切り出してきたのです。

 

「また、少しずつ付き合っていきましょう」という返事をしたのですが、 私にとっては晴天の霹靂でした。 それと、自分の夢であったアロマテラピーの勉強をし、人を癒す仕事につきたいという気持ちを自分に対してハッキリさせておきたいのです。

 


2回目の集中内観を今度はひとりで体験したいと望んでいます。

 


私は病気、不幸な人≠ニいうイメージから集中内観以降グングン抜け出し(もちろん今でも落ち込むことはありますが、前より立ち直りが早くなりました)
私は幸せ、何でもできる≠ニいう思いになりつつある今こそ、しっかりと自分を見つめ、 何を求めて生きているのか知りたいし、今度こそ自分の足で道を切り開きたいのです。

 



結婚前の不安定な心模様の夏子さんの後を追って、母親も同時期に内観しました。

 



《2回目の集中内観後》
今回の内観は、初回に比べて新鮮さがなく満足度が低く感じました。
しかし、まだ完璧に病気が治っていない状態で結婚をして子育てなど大丈夫なのかという不安で、 母に対する恨みやイライラが湧き上がっていた自分にとっては、ある程度の答えが出ました。

 


結婚に対しては、内観中に聞かせてもらったカセットテープが参考になりました。
レイノルズ先生の「建設的な生き方」のテープでは「できるかできないかは、行動してみないと分からない」 「自信は行動してついていくもので、行動する前に自信をつけるのはおかしい」ということと、両腕のない人の講演テープでは病気だから何も出来ないと思っていたことが恥ずかしくなり、病気であるというこだわりが病気を作り出しているのではないかと思うようになりました。

 

 

こだわりは不幸な私≠作っていきました。 母と父に私自身を見て欲しい、 ありのままの私を認めて欲しいというこだわりがなくなった今、幸福な私≠ナす。

 


後は、私自身が両親への感謝の気持ちを忘れなければよいだけなのです。

そのようなことを今回、気づきました。

 


《夏子さんからのメール》
お世話になりました。 内観とは関係ないのですが、先生の娘さんが食事を運んで来てくれたり、小さなお嬢さんや先生や奥様の声を耳にし ああ家族ってやっぱりいいな。

 

私もこういう家庭を自分自身で作りたいな≠ニ改めて思いました。 ありがとうございました。

 


《3ヶ月後、結婚式の絵ハガキ》
私にとっては激動の新婚生活でしたが、それだけに2人の絆は深くなりました。
今は、心から彼と結婚してよかったと思っています。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中