内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記内観療法>神経症

体験記 内観療法

内観体験記 内観療法 神経症


神経症

青年の頃は、心が純粋で感受性にとみ、一番エネルギーのある時期です。
この頃に内観をする事は、その人の人生において大きな糧となる場合が多々あります。

 


精神科医から紹介された大学生の内観後の感想文と、その後の手紙です。

 


……自分の罪について気付いた点はほんのわずかであり、気付いていない点はあまりにも多いと思います。 しかし、気付いた点だけでも私の心をかなり改めてくれました。

 


両親を始めとして家族の愛情は果てしなく大きく、それに対して私の心はあまりにかたくなでありました。

 

私の心は凶暴で、憎悪に満ち、奪い盗み復讐する事を四六時中考えている一方で、許し与え育む事を本当に考えた事は少しもありませんでした。

 


口先では「アジア民衆の犠牲の上に成り立っている日本の豊かさ」を攻撃しながら、家族の犠牲の上に成り立っている自分の恵まれすぎた境遇に安住しています。

 

そして今後も大学院に行くため、学者になるためと唱えて家族に更なる負担を強いようとしています。


「教授」の名誉を得ようとする欲望はあまりに強いのですが、一番恩義のある人々、つまり家族を踏みつけにして自分の地位を獲得に固執することには、やましさを感じます。

 

この葛藤を解決することは出来ていませんが、いったん心の向きを変えて、家族の幸福を第一に考え、報恩に努めればそこから何か見えてくるかもしれません。 これが内観をして私が得た当面の方針であります。


神経症勉学の意欲生きる情熱自然に湧き上がる!!!

 

…再び母に対する自分を調べ、生き生きと笑顔に満ち溢れていた幼年時代の幸福な場面が脳裏に浮かび、万感胸に迫って落涙しました。 それ自身が深い感慨であるとともに内観に来て5日を経て自分はようやく泣くことが出来たという安堵のようなものも感じました。

 

母は幼い私の健やかな生育のために細かい配慮を施し、私が人生に喜びと夢を見出せるように一方ならぬ努力をしてくれたと思います。

 


翌日の午後は、父に対する反感を払拭できないと面接時に訴えたところ、 ある婦人の声を録音したテープを渡され、その中で父君の厳しい振舞についてすべて感謝しておられるのを聞きました。 それにならって父との関係を再考したところ、厳しく私を叱ったのも悪意からではないし、 結果的にすべて私のためになっていることに思い及び、わだかまりが緩んだことを感じた

 

そして積年の反感から父に対して邪険に接して来たことを反省したのです。

 


現在に至るまでの養育費の総額を計算し、約2200万円という結果を出したのもこの頃です。 祖母に対する自分について2回目を考えたところで土曜が終わり、元日の朝に座談会をした後、帰路につきました。

 


この朝の富山は雪であり、研修所で年末に見た夜の雪とあわせて、私の心に新たな感興を添えるものとなりました。帰りの汽車の中での心境は往路よりも軽快でした。 午後に故郷に着いたが、車で駅まで迎えに来ていた母は、改札を出た私が笑顔で車に近づいて来ることに気付いたという……。

 


その夜は家族とともに私の幼い時のことを語り合い、私が忘れていた出来事も次から次へと話題にのぼった。 夜遅く、私は母と祖母に対して受験時代の心境を述懐し、再び嗚咽した。

 


正月はゆっくり心身をやすめ、三日の夜に父の運転する車で下宿に帰った。
車の中では父と打ち解けて話した。 後期試験の準備の為に比較的早く戻ってきたのだが、以前のように勉強に手がつかないということはなく、むしろ勉強していない方が落ち着かないという心境になった。

 

今の状態は内観以前に比べると一変しており、すべてが好転して言えるいえます。 最悪の不振に陥ることはなくなり、心の状態はむしろ普通以上に良好です。

 


勉学の意欲生きる情熱自然に湧き上がってくるのを感じます。 努力すれば学問においても人格においても自分はもっともっとステキになれると感じ、 そして今はまだ全く自己の本領を発揮していないから、一刻一刻を完全燃焼し、最高の真剣さで悔いなく生きてどこまでも向上したいと思う。

 


私が快闊になったというので家族も安心しているようです。 最近は折りに触れて内観的思考をするよう自己に言い聞かせています。 22才という遅くない時期に内観を知ったことを幸せに思う。 内観があるかぎり私は安心だし、辛いことがあっても乗り越えて生きていけるという気がします。

 

思いは尽きませんが、今の私が心身ともに好調であることを記して一応の結びとします。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中