内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記内観療法>家庭内暴力

体験記 内観療法

家庭内暴力  アルコール依存症 内観療法 内観体験記  


父親断酒と子供家庭内暴力

富山県の内観懇話会(さわやか会)では、集中内観の体験談を話してもらい聴衆と感動を共有しています。 今回は、あるご夫妻にお願いしました。

 

……………………………………………

 

夫は、アルコール依存症のため3ヶ月入院し、主治医から内観を勧められましたが足が向きませんでした。 彼を追い立てたのは、他ならぬ我が子の家庭内暴力でした。

 


「私は高校から酒や麻雀で、遊ぶようになりました。 18才の時、仕事に就き、夜勤のため寝酒を覚えました。 無理にでも寝ようとしたことが深酒の始まりでした。

 


酒の失敗は幾つかあります。 五六豪雪の時、忘年会へ行った帰りホームから線路に転落したのですが、私は全然覚えていませんでした。 また酒を飲んで深夜国道で寝、救急車やパトカーが来て助けていただきました。 これはアルコール依存症の警告でした。

 


数年前、ある市民病院に行き入院を勧められました。 しかし、私は入院を拒否しました。 一昨年、仕事中に脂汗が出て、目の前が真っ暗になり倒れました。

 

その当時、日本酒を水のように飲み、字は書けないし仕事にもなりません。 体重は41sでした。 昨年、酒を飲み、子供と喧嘩をして救急車騒ぎになりました。 即、入院。 私はなぜか一瞬、安堵しました。

 

 

私は病名については、認めたくはありませんでした。 体はガリガリなのに……。 それでも社会に復帰したかった。 精神病棟に入ると、別の世界だと感じました。 入院して感じたことは、ここで自分を少し見つめよう≠ニいうことです。

 


保護されている安心感からか、体重が少し増えました。 わたしの性格として言いたいことを、しらふでは他人に言えません。 酒がないと自分の思いを伝えられないのです。 合同ミーティングは、被告人のような気持ちでした。

 

そのような中で、入院して幸せだと感じたことは、私は酒だけを辞めれば社会に復帰できると考えられるようになったことです。 入院生活で、酒の怖さを教えてもらい知りました。

 


内観する直接的なきっかけは、長男が高校一年の時に恐喝され、学校を休んだことに端を発します。それから酒、煙草、髪を染め始めました。 気にくわないことがあると、ガラスや襖を破ったり、壁をけったり金をよこせという様になりました。
『おまえらのために学校に行ってやっているのだ!』と言います。

 

 

私達夫婦は暴力にあい、身の危険を感じ、警察の補導員に相談しました。 すると『子供が変わるには、親が変わらなくてはならないのでは……』というアドバイスを受け、内観へ行く決心をしました。

 


集中内観では、最後に長男に対しての自分を調べました。 長男の中学2、3年の時は、仕事が辛かったので、酒を飲んでは家族にあたっていました

 

長男は私の酔っぱらっている姿を見ていて勉強などできなかったことでしょう。 ランクを下げずに受験し、不合格になりました。 私はPTAの役員をしていたのですが、子供の心は見えていなかった

 

家庭内暴力謝罪したら、暴力がなくなった

 

 

子供は、私を嫌っていたと言うことを内観して気付きました。 私は、自分の父親が酒を飲んでいる姿を見たことがない。 もし、自分が長男の立場だったらと考えると、私だったら勉強しないだろう。

 


そんな反省する機会を与えてもらいました。


内観から帰った日に、長男に謝罪しました。 長男は一瞬、たじろぎましたが『お父さん、気にしていないよ。頑張れ』と言ってくれました。 これで、長男とのわだかまりがなくなり暴力がなくなりました。 言葉かけも少し優しくなりました。

 

今まで、親のために学校へ行ってやると言っていましたが、最近、言わなくなりました

 


現在の自分の目標は、まず断酒の継続です。 家族の係わりの中では、自分の考えを家族に押しつけていました

 

内観して、自分の基準と判断で子供もたちを押さえ、相手を変えようとしていたと知りました。 相手の考え方が変わらないと分かった時、自分の考えを変えるしかない。

 

内観をして今まで、ある一点からしか見えなかったものが、違った面から見て判断できるようになりました。 これから先、何事も相手の立場に立って言動したいと思います」

 

……………………………………………


「夫の退院後は酒のない、穏やかな生活ができると思っていました。 ところが長男の生活が荒れ、不登校になりました。 私は、夫や担任に相談し自問自答をしていました。 学校へ行くようになりましたが、家の中は長男のことでピリピリとしていました。

 

私は、夫が家族のことを忘れて酒ばっかり飲んでいたから、このような困った行動をしているのだと考えていました

 

 

が、口には出しませんでした。
酒を辞めている夫に、そんなことは言えませんでした。 私は、こんな長男を生まなければ良かったと思いました。 悪い母親でした。

 


夫は内観から帰って来て、「大事なときに酒ばかりのんでいた。堪忍してくれと」と子供に泣いて謝っていました。 私は、その姿を見て感動しました。

 

一般に、親が子供に謝るのはみっともないと思うでしょうが、その時は何か大きなものを感じました。私はその時初めて夫を偉いと思いました。

 

 

今まで酒で苦労をさせられ、夫を軽蔑し嫌っていました。それからです。 私は少しずつ夫に対して尊敬の気持ちをもてるようになり、私も内観をしたいと思うようになったのです。 連休を利用して集中内観に行きました。

 


夫に対して内観し、私は夫から感謝されても感謝することはないと思っていました。 でも、それは間違っていました。 酒は飲んでいても、毎日仕事に行ってくれました。 そのお陰で私達は暮らしていけたのです。

 

酒のことばかりに捕らわれていてわかりませんでした。 仕事に行く、そのことが私達に対する愛情だと考えるようになりました。 私は感謝の気持ちがないことに気付きました。

 

 

また私は、1人で大きくなってきたと思っていました。 そんな親に育てられたのだから、子供も親がしてくれるのは当然≠ニ思っても仕方がありません。

 


私は、内観を終えて感謝と反省の気持ちで一杯になり、重い荷物を下ろした気持ちです。 悩みは自分が作っていたのではないか≠ニ思うようになりました」

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中