内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記内観療法> 離人症2

体験記 内観療法

内観体験記 内観療法 離人症2

 

ワンポイントアドバイス  離人症2に対する長島面接者のワンポイントアドバイス

長島正博離人症は、自分の身体あるいはその一部が自分のものではないような感じを抱く、というものです。

 

しかし、その症状だけではなく、強迫観念など、さまざまな辛い症状に悩まれ、長年にわたって繰り返される事もあります。

 

再発するのではないか、という不安に陥るといいます。

 

内観をすると、今の症状だけにアプローチするのではなく、根治療法として心の奥底から「生かされている」という思いが湧きます。

 

すると、人を信じることができ、空虚感がなくなります。

 

人の温かな思いを「受け取ること」ができると、次第に自分を取り戻せるようになるようです。


離人症が治った!

このページに登場する、離人症から完治した20代の男性は、長年の闘病を手記にまとめした。彼は、離人症に苦しんでいる人達の参考になれば、と言葉を添えて、その手記を手渡してくださいました。そのの中から抜粋します。

 

………………………………………………………………………………………

長年、私は離人症という症状に悩まされていた。小学校3年生の頃から、年々強くなった。この症状は「意識が強すぎて、見たものを見たまんま感じられない」というものだと、私は理解している。

 

離人症幼少期、自営をしている両親は忙しく、かまってもらええなかった、と思っていた。

寂しいときもあった。

身の回りの世話は、祖父が寝食を共にし、してくれた。

 

私は、子どもなりに考えた。

勉強やスポーツに励み、成績を良くして、両親を振り向かせよう、見返してやろうとエネルギーを燃やした。

 

成績は急上昇したが、心からの満足感はなかった。

しかし、学生の自分には都合の良いことであった。結果だけは、良かったからである。

 

中学3年生の5月に突然、「いやだな」と感じた。それまで意識という力で力強く引っ張ってきた糸が切れたときだった。

両親を見返すための負のエネルギーが原動力で、心の底から文武に励もうというのではなかったため、心も体も拒否反応を示したのだ。

しかし、その当時はなぜだかわからない。「おかしい」という気持ちで一杯だった。

 

それ以外の症状も出始めた。

畳にダニがいると思い込み、ぐっすり眠れなくなった。

畳屋さんに調べてもらった。もちろんダニはいない。見かねた祖父は、畳を新調してくれた。

この問題は表面的には解決した。が、その後あらゆることが気になりだした。離人症

予期不安である。

 

高校2年生、大好きだったスポーツを神経症のため休部せざるをえなかった。病院に、行った。

 

神経科に通院。強迫神経症と診断され、精神安定剤や睡眠剤を処方され心理カウンセリングの治療もはじまった。

不思議なことに、私は神経科に通う恥ずかしさや嫌悪感はなかった。

むしろ、心理士の先生と話すことが楽しかった。

 

この時代は、まだ、自分に何が起こっているのか、何が原因だったのか何もわからないままにカウンセリングを受けていた。4ヶ月ほどで、治療は終わった。自分の中で、再発の心配が残った。

 

☆順風満帆の優秀社員からニートへ転落

高校卒業後、大手企業に入社。仕事は、順調だった。

 

入社4年目、会社内外で高い評価を受け、異例の抜擢を受けた人事異動があった。

が、どうしてもここの仕事になじめなかった。

それまで出社することが楽しかったのに、私のモチベーションは急速にトーンダウンしてしまった。

 

気分が重い。

休憩時間には、屋上へあがってぼんやり空を見つめる日々が続いた。

仕事に身が入らない、というより心身共に、仕事に拒否反応が出ていた。

今から考えると、たまたまうまくいっていただけであって、こうなるのは必然だった。

 

結局、異動してわずか3ヶ月で私は退職を決意し、辞めた。

☆ニートになってしまった私

最初の一週間は、仕事を見つけるために精力的に動いたが、一週間後からは何もしないで家でゴロゴロするようになった。

辛い。

昼夜逆転、うつ症状の始まりだった。

その頃、激しい拒食と過食を繰り返していた。

どうしていいのかわからなかった。ときどき泣きじゃくった。

 

私を見かねた友人が、バイトに誘ってくれた。

アルバイト云々よりも、彼と一緒にいられる安心感があった。

彼はプラス思考の人間で、私は少しずつ明るさを取り戻していった。バイトは安定し、最悪の状態から一時的に抜け出すことができた。

 

神経症のため、1年5ヶ月の入院

 

その後、バイトを辞め、別の仕事にチャレンジしたが再び激しい症状と被害妄想がおこり、通常の生活が困難になった。

入院することになった。

 

内観療法と森田療法という2つの東洋的心理療法を軸に治療している病院だった。

まず、取り組んだのが森田療法。

確認恐怖症、不安神経症、私の予期不安、とらわれから解放されたい一心だった。

ここで、行動してとにかくやってみることの大切さを教わった。

 

☆うすらいでいく、再発の不安

 

私は、北陸内観研修所で内観を受けた。

 

内観中、心を打たれる女性の体験談の録音を聞いた。

 

彼女は、お母さんがアルコール依存症だった。幼いとき、母親がアル中の症状がひどく食事を作ってくれなかった、などと母親に対する悪いイメージが強く、母親から世話になったことを全く思い出せない。

 

内観し、彼女は気付いた。

「私のお母さんは、病気だった。病気であるにもかかわらず、(その病体を押して)私が食べる食事を作ってくれていた」

彼女は、酔っぱらっていない、自分の理想の母親から世話になったことを探していたのだ。だから「何もしてもらっていない」という気持ちだった。

 

内観によって、一つのハードルを越えた。すると、堰を切ったように、世話になったことが出てきたそうだ。

 

起こっている出来事は同じでも、それを受け止める自分の心によって、事態(自分の中でのイメージ)は、良くも悪くもなる。

要は、すべて自分自身の(周りを受け止める)心の問題だ。

 

だから、内観には自分が迷惑をかけたられたことという4番目の質問はない。

自分の責任の部分を見つめていく。それが一番大切だという考え方だからだ。

すると、他人への責任転嫁という気持ちにはならない。

内面からの変革を、自分の姿を客観的に調べることによってできるようになる。

 

それが内観の目的であり、効果である。

 

病気が完治しても、このいい状態が続いてくれるだろうかという不安な気持ちのままだった。

 

しかし、一週間で終わる集中内観ではなく、次のように自分なりの方法でつづけ行動に移さした。

100日つづけると、再発の不安は払拭した。

 

☆内観の日常化に成功

 

その日常内観を、私は散歩をしながらすることにした。

 

集中内観から帰ってきた直後は、父・母から世話になったイメージ(材料)が自分の心の中にたっぷりある。現実的な生活に戻っても、父母との軋轢は生じない。

 

ところが日にちが経過すると、この気持ちが徐々に薄れてきて、次第にこっちの立場も考えてよといった気持ちが湧いてくる。

私の仕事は父母と共に営んでいる家業なので、一般家庭よりも現実的な問題が多く発生する。

 

内観は素晴らしいが、継続が大きな課題だった。

そこで私は、散歩をしながら口に出して云う方法を編み出した。

 

集中内観のおかげで、父母や周囲の人たちに感謝したい材料はいっぱい持っている。

だから、「私は、母に……を感謝します。見守ります」と口に出して云うのである。

 

……には、具体的な感謝したい過去の出来事を思い浮かべながら云うと、その念が強く湧きやすい。これで、日常内観が毎日、楽にできる。

 

慣れて、3〜4日連続でさぼった日があった。

すると、たちまちイライラしやすい自分にもどった。自分自身で、そのことに気付いた。

精神の安定には、内観の効果も含まれているのだと再認識し、それから内観をさぼることがなくなった。

 

散歩のコースには、湾がある。

はじめて、景色を「きれい」と感じた。

 

参考になる他のページ 

 

 

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中