内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記内観療法> うつ病教員

体験記 内観療法

内観体験記 内観療法 うつ病教員


うつ病  

うつ病、うつ状態の方には、内観療法が有効なこともあり、特に、家族への恨み感情等がある場合に期待されます。心身の不調なときは、その辛さゆえに他者のせいにしがちな人もいます。ネガティブ思考です。

 

時には、幼少期の親への不平不満が湧きあがってくることもあります。〈小さいときに……してもらえなかったから〉とか、〈(しつけとしてのトラウマがあり)……をされたから、大人になった今も恨みを引きずり、気持ちが暗くなってしまうのだ〉などという思いです。

 

ネガティブ思考のためうつ教員は多忙さゆえに、うつが急増

 

今回の体験記は、教員の英子さん(40代 仮名)です。

 

 

教員のうつによる休職は、多忙さゆえに年々増加傾向にあります。職場復帰を目的とした英子さんは集中内観も熱心でした。内観面接時の援助は、しんどいときは布団の中で面接をするなど身体の状態が悪い英子さんに合わせました。すると母親や対人へのイメージが暗いものから、明るいものに捉え直すことができるようになりました。職場復帰も段階を追ってすすめ、回復しました。

 

英子さんは学校現場では中堅で、若手の教員の面倒をみていました。数年前から、若手教員間のトラブルが起き、1人の新人教員はストレスのために休みがちになり退職しました。人手が足りない学校現場では、他の教員がその穴埋めをするために奔走します。同僚が苦労しているのを見て、英子さんは自分が面倒をみているのに何も解決しないことに落ち込みました。

 

その上、他の教員から、新人教員への援助がうまくできなかったから休むようになったのだ、英子さんのせいだと言われ、その言葉に痛く傷つきました。

 

英子さんは、食事が喉を通らなくなり、睡眠も浅く心身共に疲労が溜まり、職場の学校へ行くことに抵抗を感じるようになりました、仕事は継続しましたが、休日は家で終日、寝込みました。かかりつけの近医から、睡眠導入剤と抗うつ薬を処方してもらい3ヶ月出勤しましたが、ついに職場へ行けなくなります。うつ状態と診断されました。

 

英子さんの両親はともに優秀な教員で、要職に就いていました。多忙な両親の代わりに祖母が養育をしてくれました。

 

英子さんが、内観を知ったのは退職した新人教員が集中内観を体験し、良かったという話を聞いていたからでした。彼女も、両親が教員であり、英子さんは彼女と自分の境遇が似ていると話しを聞きながらイメージをだぶらせ、その中で優秀な両親への葛藤があり、ネガティブな感情を持っていることを英子さんは自覚したのでした。

 

教員のうつ母親との和解

 

内観の全体経過は、集中内観の一週間は、朝5時に起床できず、布団の中で内観面接を受けることもありました。内観するための対象者テーマは、母親、祖母親、父親、夫、同僚、生徒でした。初回面接では、母親から世話になったことが返答できませんでした。

 

内観の5日目、2回目の母親に対しての幼少期を調べました。英子さんは、風邪で寝ている時に看病をしてもらえなかった恨みを述べた後、自分が母親の立場なって、風邪で伏せっている自分の子どもに母親と同様の事、勤務のため仕事を休めず子どもの看護ができなかったことを思い出し、今なら母親を理解できると述べました。幼少期のあとの、学童期以後の面接時間は短くなります。

 

6日目、最近5年間の母親に対しては「家事ができない私を見て、母親は『ふがいない』と言った。私は『あんたは教員であって、母親ではなかった』と言い捨てた。申し訳ないことを言った」と述べました。

 

内観後の感想文では、次のように記しました。

自分は疲れていたと気付きました。内観することが、辛かった。寝ていても、体が沈んでいくような感じで、不安で仕方がなかった。

 

母親に対して内観したことが印象的だった。この一週間、母親は子供達の面倒を見てくれていたはず。一週間、有り難うございましたという気持ちを持ちなからも、言葉として出すことが出来なかったのだ思った。

 

私は母親に、甘えたかったのに甘えさせてくれなかったのではなく、自分で言わなかった。言いたかったのに聞いてくれなかったのではなく、自分から母を拒絶していたことに気付いた。これから母に自分から寄り添っていきたい。自分から母親を拒絶していたことに気付いた」

 

 

職場復帰は半日から始め、3ヶ月後にはフルタイムで働くことができるようになりました。

母親には、自分がうつで苦しんでいることを包み隠さず話しました。驚いた母親は、なりふりかまわず「良い医者がいないか」と探しまわりました。それを英子さんは見聞きし、「お母親さんだ。目が覚めた!」と、母親を母親として受けとめられるようになったと電話の向こうで喜んで話していました。

 

英子さんは看護してくれない母親に怒りを抱き、過去を整理できずにいました。子どもは極度の恐れや不安それ自体よりも,必要なときに愛着欲求の充足や敏感にケアがされない関わりによって、子どもの心は累積的に蝕まれていくといいます。したがって心の修復には幼少期の辛い過去を自己受容できるか否かが、改善への重要な鍵になるのです。

うつ 内観療法

 

英子さんは「病気」や母親の「不在」を内観によって捉えなおすことができました。さらに2回目の母親に対して「世話」を想起し、内観ができるようになりました。母親からケアされたことを確認したのです。母親を母親として受容できるようになり、さらに内観後に母親は、しっかりと英子さんを受け止めました。完治に加速がつきました。

 

→ ゆったりとした内観研修プログラム

うつ 内観療法

内観療法 うつ

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中