内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記内観療法> うつ病復職

体験記 内観療法

内観体験記 内観療法 うつ病復職

繰り返す、うつ病

前所長の一周忌に、お供物のお花を送ってくださる方がいま繰り返すうつ病した。

お礼の電話をするとその方(夫)の奥様(妻)がでられて、内観後にうつ病が改善した喜びを話してくださいました。

 

当時、29才の夫は5月頃になると出社できない状態になって3年目でした。いわゆる五月病で、うつ病を繰り返していたのです。

 

奥様は、生後10ヶ月の赤ちゃんを抱えて途方に暮れ、治す方法をインターネットで調べました。夫はすでに服薬をしていたので、他の療法として心理療法とはどのようなものがあるのだろうかとさがしたのです。夫の話しを聞いていると、仕事量がオーバーしていても頼まれるとノーと言えないため苦しんでいることに歯がゆく、その性格を改善できないかと考えました。職場の人間関係を良くして欲しかったのです。

 

うつ 内観療法ネットで調べていると、北陸内観研修所のホームページでうつの体験談が綴られていて、「これだ!」と思いました。度の過ぎたまじめさを緩やかにし、相手の立場にたって物事を考えられるようになったり、対人関係が是正させる体験談が綴られていました。

 

一週間という短期間で成果が期待できることも、内観に引かれた要因でした。

 

妻も気持ちの余裕がありませんでした。子どもは乳飲み子で、夫は会社に行けない状態がつづき不安感でいっぱいでした。それで夫の父親に相談を持ちかけると、父親は嫁を不憫に思い、自分が一緒に内観へ行くと申し出てくれました。

集中内観へは、父親と二人で参加しました。

 

 


うつ病男性復職

親子同時内観ですが、部屋が別々なので話しの内容はお互い分かりません。

 

はじめてする内観研修に父親が有休をとって付いてきてくれたという有り難さから、夫は安心感も芽生えました。また研修中に眠気が強くなったり、決められた時間に起床ができなくても内観研修にはそんなに差し障りがないことを予約時に妻が確認したので、夫の不安感が減りました。

 

内観研修のテーマは、母親・父親・妻・子ども・会社のスタッフと順にすすみました。夫は、自分は一貫して見返りを求めて物事していると気付きました。そのため自分の仕事をやりすぎて疲れ果て、見返りがないとそれに捕らわれてしまう。そのくせ言葉に出して言えない自分を見出しました。

 

会社で精魂使い果たすので、家庭では育児と家事を妻に任せっきり。自分のことしか考えられなかったことを反省しました。子どもに対する自分を内観すると、泣き顔と笑顔しか浮かびません。父親として、かわいい子どもに関わっていない事を痛感し、これから成長する子どもに対して夫婦仲を改善する大切さを学びました。

 

職場に対しては、自分はまじめだけが取り柄で後は何もないからと、頼まれた仕事をオーバーしてもも引き受けていた、つまり背伸びをしていたと気付きました。自分が納得して仕事をする大切さを感じました。

 

総じて、今まで本心を言えなかった自分を発見したのでそれを伝え、感謝を言葉で表現していこう、「ありがとう」と言葉に出していこうという内観後の展望ができました。

 

その後、毎年五月になっても出社しています。

 

内観後の様子を、妻は次のように話しました。

 

「夫は、内観後直ぐに職場に復帰し定時で帰宅させてもらえました。その後、徐々に勤務時間が増え、今は10時、11時です。復職の頃は、子どもと遊ぶ余裕がなかったようですが次第に遊ぶようになりました。それを見て、私は二人目が欲しいねと主人に話していたら、授かりました

 

受話器の向こうからにぎやかな子どもの声が聞こえ、それをゆったりと受けとめている妻の様子が垣間見られるようでした。

 

→ ゆったりとした内観研修プログラム

 

うつ 内観療法

 

内観療法 うつ

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中