内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記家庭> トラウマ

体験記 家庭

トラウマ 家庭 内観体験記 


トラウマ脱皮

ある外国人青年のトラウマへの挑戦 ―母親への恨みの心情と開放―  
彼は普段、日本の禅宗の寺で修行し、究極の救いを求めている修行者です。 日本人でさえ、その生活や教えが難しいのに異文化の中で育った彼が、たやすく悟りを 得られるはずがありません。 そのため、彼自身の悩みもなかなか解決できないので内観しに来ました。


それにしても一見、人なつっこくて陽気な彼に、どんな悩みがあって内観に引かれるのか、私も不思議に思っていました。 改めて、彼の内観の動機を読み、日本人も、異国の人も変わらぬ悲しい心模様があることを知りました。

虐待のあとトラウマ 心の奥から幸せだと思いたい!!!

己に対する激しい怒りの言葉は、多くの悩む人が共感する心情でしょう。

「私は心の浅いところだけで生きています。 表面だけで、人生において当たりさわりなく生きています。 それがとても虚しい。 地球の表面に硬い岩盤があり中心にはマグマが燃え盛っているように、 私の心は硬い岩 に閉ざされ、その奥には熱い怒りの炎が燃え盛っています。 硬い岩盤を突きやぶって怒りの炎を吐き出さない限り、 私は地に足がつかない亡霊と同じようなもの。


私は今まで、心の底から満足したことがありません。 人を信用することが怖くて、人間関係も表面的なもので終わってしまう。 自分にも自信がない。 その原因は、たぶんお母さんとの関係がうまくいかないから。 私は、その問題を解決したい。
心の奥から幸せだと思いたい

彼も、お母さんの愛を求めながら、確認できなくて悩む一人だったのです。 彼の両親は共働きで知的レベルの高い、が、冷たい家庭で彼は育ちました。 両親の仲 が冷めきっていたのです。 その上、同居していた祖母はアル中で、彼に暴力をふるい、怯える毎日を過ごしたと言います。 祖母が彼に暴力をふるっても、母親がそばにいるのに助けてくれません。 母親自身もうつ病でした。 彼は祖母からの虐待と、母親の冷たい仕打ちが脳裏に焼き付いてしまったのです。

高校の時代に、両親は離婚。 彼はマリィファナに手をだして荒れ、次第に劣等感の塊になってしまいます。 このような家庭環境の中で育った彼は、自分自身の激しい感情の起伏についていけず悩んでいたのです。

母親との関係が悪いため、当初内観はなかなかすすみませんでした。 しかし、同じ屋根の下で暮らしていたのですから、改めて調べ直してみると世話になったことを少しずつ思い出します。 嫌でも、お母さんからの愛情があったことを認めざるを得ません。 一度目の内観後、数ヶ月して再度内観に来ます。 真剣な内観でした。 彼の今回の内観体験を、地獄の例えで言い表してくれました。

この感想文を読み、私は、仏教書での、亡者の言葉を思いだします。"地獄で何が最も苦しいかと問われると、苦しみがまた再現されることを心の中に彷彿することがやりきれない"と。

以下は、集中内観2回目の感想文の要約です。

理屈では良くないことと分かっているのですが、私はまだまだ母にしてもらえなかった事を一つ一つ数え挙げ、母を責めています。 それはちょうど、ぽっかり口を開けた峡谷にかかった板一枚の橋を渡っていて、 母に対 して怒りの心を持つたびに奈落の底に落ちるような心境です。  最も耐えがたいのは、たとえ何度谷底へ落ちようとも、次の瞬間、再び橋の最初の地点 に立っているという事です。
そうやって、何度も何度も谷底へ落ちつづける苦しみが続くのです」


「それにしても、内観で最も驚くべきことは、お母さんに世話になったことを調べるだけで谷底へ落ちずにすみ、少しずつ橋を前進しているということです。 この経験は、ある意味ではとても奇妙なことですが、しかし、本当にありがたい事でももあります。  つまり、私にとって内観とは『』なのです。 母に対するわだかまりから開放されたとき、私は多分、あの橋を渡りきることでしょう

「修行だけではなく、その人の日常生活の姿が大事だ。 それが自分の心の虚しさを解放するのだ」 彼は、この言葉を残して禅寺へ戻っていきました。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中