内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記家庭>熟年夫婦別居

体験記 家庭

内観体験記 家庭 熟年夫婦別居


姑とのトラブルから 

結婚する時は熱烈な恋愛で結ばれても、月日が経てば家族関係などのトラブルで配偶者と心が離れてしまうこともあります。 人と人との関係は複雑です。 特に、肉親や家族は結びつきが強いだけに、良いも悪いもハッキリ表面に出るのかも知れません。

今回のケース紹介の50代の女性は、そんな関係に八方ふさがりになってしまい集中内観に来所した方です。 彼女は、結婚して26年。 トラブルの発端は、俗に言う嫁姑の問題でした。

とうまくいかず声を聞くだけ、姿を見るだけで心臓が動悸するようになり、それが怖くなって精神科を受診します。 そこで別居を勧められ、主治医の説得で夫もしぶしぶ同意したので、子供や夫を置いて逃げるようにして1人住まいを始めました。

やっと精神的にも安定してきた頃に、今度は年をとった実母を引き取らなくてはならなくなってしまいます。 31年ぶりに同居し、お互い気を遣いあい、精神的に不安定になったと同時に、彼女は行き場を無くしてしまいます。

彼女の不満は、妻としての自分への夫の言動にもありました。 夫は、彼女がヒステリー状態で追い詰められていた時に、病院に一緒に行ってくれない。 彼女と姑さんの間に入って何もしてくれない。 そして決定的には「君がいなくてもこの家は回っていくよ」 と言われたことが、深く傷つけられたと思っていました。
熟年夫婦夫は、良い条件で帰ってきて欲しいと−
集中内観後の座談会の、彼女の発言です。 「知人から、『からみ合った心を整理するには、内観をしたら』と勧められてすぐに申し込みました。  私は精神的に追い詰められ、まだ、心のゆとりがありません。 集中内観当初は、どのような道筋で内観していけばよいのか、なかなか見いだせなかったのです。


内観の3項目に分けて調べているはずでも、途中で頭の中がゴジャゴジャになるのです。 面接の時に、支離滅裂な思い出話をしてしまい、その時、面接者に『今までと違った方向性の考え方を習いに来たのですから、始めはできなくても良いのですよ。 ゆっくりと、その方法を習得していってください』と言われ、救われたような思いになりました。 それで、心の中で考え方を習うのだ≠ニ、呪文のように繰り返し、一週間を終えることができました。

最終的に一番見方が変わったのは、夫に対してです。 いたたまれず家を飛び出たのですが、怪我をして入退院を繰り返したり、自己中心的で思い通りにならなかったら不平を言い、それも通じないと分かると逃げてしまうようないい加減な妻なのに、 夫は帰ってきて欲しいと言ってくれました。 その深い愛情に、やっと気がつきました。

家を飛び出した時に、周囲の者は離婚したらと助言してくれましたが、私はできなかった。 夫は嘘をつかず、誠実な人なので、私の方から大変深く惹かれ、愛情を持って結婚したからです。 しかし、2年半の別居中の空白は、夫への不満や恨みを募らせてしまいました。

このままの心を抱えて死んではいけないと気がつき、何とか戻れる方法はないかと考えていた矢先でした。 ひどいことを一杯してきましたがこの年で生まれ変わり、生きたい≠ニ思うようになりました。 幸いにも、夫は良い条件をそろえて帰ってきて欲しいと言ってきています。 でも私の方から姑や夫や娘に、『こんな多くのお世話になっているのに、迷惑をかけてきた。 身勝手で、嫌な事に対して逃げていたが、帰らして欲しい。和解したい』、と頼もうと思います」。

それから半年後、彼女から手紙が送られてきました。 「姑が急逝しました。驚きと悲しみが同時にやってきました。 集中内観後、実母や家族と何回も話をし、謝罪もし、一からやり直しをしたいと申し出ました。 それから義母と実母の二人の母の世話を一生懸命にさせていただきました。 やっと心おきなく義母と生活ができるようになった3ヶ月目で逝ってしまわれたのです。


姑の最期は、好きな朝風呂に入ったままで、眠るような、笑顔の顔のままで亡くなっていました。 姑は私に、最後の心臓マッサージをさせてくれました。 深く感謝します。 家族や実母は『お母さん(私)が家に居てくれ、おばあちゃんの最期をみてくれて本当に良かった』と喜んでくれました。 長島先生に『お姑さんが生きておられるうちに、気がついて良かったですね』と言われていたのですが、まさにその通りでした。


今は、家族の世話をしながら、4月の職場復帰に備えています。 でも、もしできなくても家族や実母と一緒に居ることが幸せと思っています。

日常内観は、就寝する前に一日の出来事を振り返ったり、 仕事などの内観をして手帳にメモをし、工夫して続けています。 悔いのない日々を過ごせる幸せ≠感じさせてもらえることが、人生最大の収穫です。
一日一日を大切に生活していきます」

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中