内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記家庭> 両親離婚後の子供

体験記 家庭

両親離婚後の子供 家庭 内観体験記


両親離婚後の子供達

冬休みを利用して、高校生の姉と中学生の弟の姉弟が北陸内観研修所で集中内観を体験しました。とりたてて問題があって内観したわけではありません。弟の内観の目的は「集中力をつけるため」、姉は「自分を見つめたい」と書きました。


父子家庭 マイナスイメージをプラスイメージに!!!

この家庭は父子家庭。まずお父さんが半年前に集中内観をし、離婚騒動で子どもたちに心の傷を負わせたことを謝りました。お父さんは子どもたちにも内観を体験させ、心の財産にして欲しいと願いました。そのことを子どもに説明しても、ふたりは少々他人事のように聞いていたそうですが、同意しました。

内観研修の後、両親の離婚という大きなストレスに対する考え方が変わりました。 まず弟の感想文からの引用です。

「親が離婚したことをいつまでも引きずっていて、一歩も前に進んでいませんでした。しかし、こんなにも父・母・姉に様々なことをしていただき、支えられ、充分幸せだったと思いました」。

 

素直な内観です。帰宅前日は、一週間やりとげたことが嬉しくて眠れなかったそうです。それにしても中学生で離婚のトラブルを「いつまでも引きずり、一歩も前に進んでいない」自分を認識できたことは、すごい。そのマイナスイメージを、弟は「充分幸せだった」というプラスイメージで包み込みました。

……………………………………………
姉は消し去りたい過去としっかりと向き合い、受け入れました。「最初の頃の内観中でも私は父に充分感謝しているし、それなりに手伝いもしていると思っていました。『トラウマ』というカセットテープを聞いていたら、昔の両親のケンカをしている場面がふっと思い出され、とても悲しくなりました。面接で長島先生に話すと、父はそのことについて内観し反省したと聞きました。

 

さらに私や弟に謝っていたことを思い出しました。そうだ、もうこのことは解決しているのだ。父は私に謝っているのに、昔のことを引きずっていた。父にいろいろとしてもらっても、心の底ではこんなに悲しい思いをしたのだから、これくらいしてもらっても当然だという思いがあったのだと気付きました。


母に対して、母は途中で私達の『母親』を放棄した。私達は三人で頑張ってきたのだから母には何もしてもらっていない、という考えがありました。しかし、内観をしてみると仕事をしながら母は毎日ごはんを作ってくれたし、時々はおかしやパンを作ってくれることもありました。また学校の役員などしてもらっていたということが分かってきました。私は、そのことに対して何も返していません


こんなに両親にお世話になっているのに、私は何も返していない。それなのにどうしてあんなに偉そうな態度がとれたのだろうと思いました」 姉は自分を「充分感謝しているし手伝いもしている」よい子だと思っていましたが、心の底では「悲しい思い」があり「『母親』を放棄」され、思い出すこと事態が辛いことでした。心の傷がある人にとって「トラウマ(トラウマから回復されたエピソード)」のテープは、外傷体験を呼び起こし危険かもしれません。

家族間の修復 家族間の修復を、自分達の手で成し遂げた!!

しかし、その時点ではもはや充分父・母の愛情を確認していました。それは感情を表現するのが苦手な姉ですが、内観後半からは何か荷物を下ろしたようなさわやかさを漂わせ、悲しさ・嬉しさをにじませていたことから見てとれます。

この二人の内観を蔭から支えたのは父と母(母も内観体験者)です。自分が過去に体験した内観の内容をFAXで送りました。それを読んだ姉弟は、どんなに励みになったかは想像がつきます。「一人ではないのだ。両親が共にいるのだ」という思いが伝わったことでしょう。


内観が終わり、父が迎えに来ました。帰りの電車の中、家でもいろいろと内観中のことを話してくれるそうです。親子で大きな絆ができたことを喜んでおられました。 この両親からの教訓があります。

子どもは見守るだけではなく、我が子に必要と思うことは積極的に行動しなければならないということです。その下地づくりをまず父がしました。実際に内観を体験しそれを伝え、内観中は子どもを支え、帰宅後はしっかり話を聞きました。 家族間の修復を、自分達の手で成し遂げたのです。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中