内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記家庭> 熟年夫婦の魔物

体験記 家庭

熟年夫婦の魔物 家庭 内観体験記  


熟年夫婦の魔物 1

団塊世代の退職をひかえ、日本を支えてくださった皆さまには「お疲れさま」の一言に尽きます。セカンドライフは、ゆっくりと楽しんでいただきたいものです。

 

さて長年、苦楽を共にしたご夫婦。

今回登場する熟年夫婦は、娘さんが結婚されたその日に二人で集中内観されました。女性が半ば強引に男性を連れてこられました。これまでの生き方を見直し、これからの人生を共に過ごすために……。

 

集中内観後の、男性からいただいた手紙より引用させていただきます。

 

熟年夫婦の魔物これからの人生を楽しく、ふたりで、

お世話になって早、二ヶ月が過ぎようとしていますが、先生の下での7泊8日間の自分を一日たりとも忘れません。

妻は、ヨガの教室に出かける毎日です。夕食時のふたりの会話にはその日、印象に残った数々の出来事をいつの間にか、お互い話し出しています。私たちにとって意義深い時間が流れています。

 

若い頃には私ひとりが仕事に出て、妻は子どもたちと家庭を守るスタイルを維持してきました。きっとこれは、私が両親の生活を見て育ち、それが最も自然な在り方だと思ったからです。ふたりの子どもが小学生になった頃から、妻も習い事を始め、それがだんだん仕事になっていったのは、妻も又、自分の生き方は何かと自問するようになったからでしょう。

 

私は、妻の仕事を認めながらも、腹の底では「認め難き事態」と感じていました。その頃から、私の描く社会性と、妻が目指していたヨガの世界を互いに語り合いながらも、時々口論が絶えなくなったのはセオリー上の衝突などではなく、どこか自慢らしい妻の姿が煙たくなってきたからでしょう。

 

 

そして二十年あまりたち、私は中間管理職のストレスから早期退職となりました。上司からは辞表を撤回するように説得されたのですが、会社の方針について行く状態ではなく、どこか納得できない気持ちのまま辞表を書いたものでした。その後、子会社から要請があり自分のできる範囲で仕事を続けています。

 

いつも頭を横切る問題は、妻との今後の生活でした。

子どもたちが社会に出て、ふたりだけになった熟年夫婦を襲う魔物の出現は、私たちにも例外ではなかったのです。

 

そんな時に妻から聞いた「内観」の話。正直、初めは乗り気ではありませんでした。まだ心身ともに完全に回復していなく、仕事も辞めようかと思うくらいに苦しんでいたからです。

 

しかし研修所で「内観」を体験した今、数ヶ月続いたあの毎日の死との格闘が不思議に消えました。二十年あまり思い悩んでいた妻との向き合い方に変化が生じてきたのです。以来、一度も口喧嘩はありません。私は勿論のこと、もしかすると妻のこころの中にも大改革が起こり始めているのではないかと思っています。

 

願って田舎生活を始めた私たち。自然の中で少々の不便を享受しながら、いつまでも仲良く暮らせるよう学び合いたいと思います。

 

 

夫の浮気 2  (熟年夫婦の魔物)

今回の研修に「大変満足」にしなかったのは、
もう少し内観を続けていたら、
もう少し深くなっていたのではないかと残念に思っているからです。

内観研修所に来るまでは、恥ずかしいことですが、
いっぱしの人格者気取りで自己をもっとみがきたいから来たと申しました。

母親の内観を始めて、一回目は事実を思い出すだけでしたが、
二回目の内観の時、急に涙があふれてきました。
主婦専業の普通の母親だと思っていたのですが、
私のために、私の子供のために本当に自分の時間をたくさん、
たくさんとって面倒をみてくれていたのだ!

母がいなかったら、
私は思うように管理職としての仕事ができやしないんだと痛い程わかりました。
母は、意識不明で自宅療養中です。
何であと二年、いやもっと早く内観に来ていれば、母にお礼を言えたのに……。

でも、今ここから帰ったらすぐに母に詫びます。


あと夫に対する内観を三回しました。

一回目の時は、事柄だけ思い浮かべて、
やはり夫が悪いのだと思っていました。
二回目の時は、いやそうではない。
私が悪いから主人が他に好きな女の人ができたのだ
というのが頭ではわかったのですが、心では納得していませんでした。
三回目の時に、私は始めて、夫は心から私も愛し、
その時々好きだった女の人達にも心から接していた
のだとわかりました。

なのに私は夫がいない三日間のことだけを、
夫は好き勝手なことをしていると怒り
電話を取り次ぐのが辛いとえらそうにして、
夫がいないからそのさみしさを趣味に夢中になっているのだ、
と思っていました。そのうち夫がいる日も、
私は趣味に夢中になって夫に目を背けました。

夫は、半分づつ本当に愛してくれていたのに、
私は彼がいる日もちゃんと彼の世話をしなかった
ということがよくわかりました。

心から詫びたいと思っています。

私の傲慢な心をさとしていただき深く、深く感謝いたします。

 

絆をとりもどす内観

内観研修プログラム

問い合わせ〜アフターケアまで

無料相談 お問い合せフォーム

内観研修所の一日って?

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中