内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記教育> 性非行

体験記 学校教育

内観体験記 学校教育 性非行


性非行からの脱皮

社会に蔓延してしまった性産業。 安易な気持ちで足を踏みいれる少女たち。
その背景となるのは、人間関係の基本的な絆ができていないために生じる空虚感だと指摘する専門家もいます。

 



少女がテレホンクラブにおもしろ半分に電話をかけたことから、この事件は始まります。 年のわりには童顔なのに厚化粧をし、ハデな服装で繁華街を歩いているとき、婦人補導員に同行を求められました。

 

行状を調べられ、売春が発覚します。テレクラにかかわっている者も取り調べを受け、事件が大きくなってしまい高校は退学。 家族は、警察に事情を説明されても「うちの子に限って」と、はじめは信じませんでした。 少女は、家族の者が寝静まってから行動していたのです。

 



詳細に説明され、母親はパニック状態。 彼女の両親は共稼ぎで多忙を極めていました。 兄弟が多い少女はよく家事を手伝い、学校の成績も良い模範生
はた目には、どうしてそのような所とかかわりを持つのか理解できませんでした。

 


婦人補導員は、カウンセリングをしながら少女が少しずつ落ち着き、将来の不安や自分を振り返るような言葉を発した時点で、内観をすすめます。 婦人補導員は、少女が自分を見つめようとするまで待ち続けました。

 


内観に入る「時期」を見定めることは、大切なことです。あせってもダメだし、非行にのめりこんでいる時など、心がここにあらずという心情になり話になりません。

 


カウンセリングに時間をかけすぎて、時期を逃してしまうこともあります。 婦人補導員の熟練した勘と真摯な説得が、少女に内観を決意させます。


性非行頑張っている私を見て!!!

 

研修所へは、少女一人だけでやってきました。 長い時間電車に揺られてきた疲れと、不安感が漂っていました。

 

当初、母親に対しては抵抗があり、なかなか内観になりませんでした。 少女は、母親の忙しい姿を見て、家事や兄弟の面倒をみてきましたが、心の片隅では「お母さんが仕事をしているから、私ばかり手伝いをさせられている」という思いがくすぶっていました。 決して、言葉には出しませんでしたが…。

 


「勉強はしていたので、一応成績はよかった。勉強は自分のためにするものだけど、成績がよいと母がとても喜ぶので、その顔が見たくて勉強をしていたようなものです」 と、 母親に振り向かせることに一生懸命な姿を語っていました。

 


自分の心を押し殺して行動してきたしわ寄せ、行き着いた先がテレクラでした。
少女は、幼少時より素直に母親に甘えることができなかったのです。 「私より仕事のほうが大切なのよ」と、母親に憎しみさえ感じていました。

 


そのような抵抗の中にあっても、実際に調べてみると確かにお母さんに〈世話になったこと〉はありました。 小学校入学式、母親に真新しい服を着せてもらったこと。 最近では、兄弟の中で長女である少女だけが部屋を作ってもらったこと…。
ぼつぼつと思い出していきます。

 


4日目の朝方、母親が自分を心配そうに、じっとながめている夢をみたそうです。
目が覚めても、その余韻が残り母親が自分を思う心情が伝わり、それが活力となってわいてきました。 夢に触発されて、まじめに内観に取り組むようになります。

 


内観当初、「してやっている」という思いが強かった少女は、〈して返したこと〉を〈世話になったこと〉を同じくらいに語っていました。 しかし、内観が進んで来ると、次第に〈して返した〉などと言うこと自体が恥ずかしくなってきます。

 

自分の全時間の中で、母親の助けとなった時間なんてほんのわずかなもの。 調べれば、調べるほど自分の思い上がった実体を見せつけられました。

 


そして、振り返りたくない補導後のことを語り始めます。 「補導されてから、ここに来るまで母にはひどいことばかりしてきました。 口げんかは毎日。とっくみあいの喧嘩をし、母をなぐったこともありました。 それから警察に呼ばれ、いろいろ言われているとき母はうなだれて、今から思い返してみるとかわいそうでならない姿でした。 申し訳なくて、涙が止まりません」

 


夢の中の母親のイメージが現実のイメージと重なった今、やっと母親が自分を受け入れてくれる存在だと確認しました。 それは、自分の存在確認でもあったのです。

 



少女がテレクラにかかわっていたのは、ある男性とつき合っていたからでした。
売春という行為をしてまでもお金を得、そのお金できれいになり男性の愛を得ようとした少女。 その歪んだ愛を真正面から見つめます。

 


「私は、ある男性に自分の方を振り向いてもらおうと、そればかりを考えていました。 きれいになりたい。 そのために売春してまでも、お金が欲しかったのです。

 


自分の思いを通すためには誰に何を言われても関係ない、というようなまったく自己中心的な自分でした。 内観をして母に対する恩や、愛情の深さに気付き、彼に執着していた気持ちがふっとなくなりました。

 

もし、彼にあったら今まで迷惑をかけたことを謝り、お付き合いできないことをきっぱり言うつもりです。 もう、自分の気持ちに素直になりたい。 母や家族の者を悲しませたくないのです」

 


少女は、ぽっかり空いた心の充足を男性に求めたのです。 異性を求めることは一般的な心情ですが、その求めかたが歪んでしまったのです。 愛を渇望しすぎ、周囲を見渡すことのできないがむしゃらな求め方しかできなかったのでしょう。

 


そして、そうした心の根底には、母親の愛情を求める強い情動があったのです。
だから、母親の愛が見えた今、少女にとって、その男性は必要ではなくなってしまったようです。

 

……………………………………………

 


少女は、それ以後男性には逢っていません。さて、母親は婦人補導員の助言によって少女を迎えに、はるばる研修所までやって来ました。 仕事を休んでまで迎えにくるはずはないと思っていた少女は、母親の姿を見て驚きました。
母親も、少女を見て驚きました。

 


そこに立つ娘は、非行の時の鋭くにらみ、獣でも見るかのような態度ではなく、むじゃきに手を振り、母親を受け入れるベく満面に笑みをうかべた娘でした。

 

娘の対処に自信をなくしていた母親は、素直になった我子を見て、 「母たる自分がこの子を支えてやらなければならないのだ」 と、やっと悟りました。

 


母娘で帰宅し、トンボ返りですぐに母親は内観に入りました。 母親の内観は食事を制限した真剣な内観でした。 いや、食事が喉に通らないと言った表現の方が適切です。

 

 

母親は、自分のお母さんに対する自分を調べ、子育ての間違いに気付きます。 「私の母は忙しい時でも、私が悩んだときは『どうしたのか』と察してくれ、話をじっくり聞いてくれました。 〈して返したこと〉は、ありません。 〈迷惑をかけたこと〉は、家の仕事を頼まれても、ほったらかしにして友達と遊びに行っていました。 田舎でまだ井戸だったので、母の仕事は大変で手はいつもあかぎれで血がにじんでいました。 今、私の娘に手伝いをたのむと娘は素直に従うのに、私は母の言うことに従っていませんでした」  

 


母親は、お母さんの温かい心に触れ、外にばかり目が行っていた自分に気付きます。 その上、お母さんと比べると母である自分は楽をすることばかり考え、子どもの心を汲み取ることをしていなかったと察したのです。

 


帰宅前日、娘に対しての自分を調べ「娘には、家事を押しつけ、しつけが大切だからと叩いたり、どなり散らしてひどいことばかりしてきました。 世話など最低限しかせず、自分でやれと押しつけていたひどい親でした」と、愛情のない母親だったと認めました。

 

しかし、この時点でも母親は娘を全面的に受け入れる自信がありませんでした。 その夜、眠れず内観を続けます。そして、次のことを悟りました。

 


「不足ばかりを言い、人を悪く思い、心でののしり、反面顔で笑っていたおぞましい自分を見ました。 こんな私でも多くの方に支えられていることが有り難くてしょうがありません。 昨日まで内観をしていても子どもが問題を起こしたら、弱い自分はまた取り乱すのではないかと不安でした。 しかし今朝、目が覚めたら結論が出ていました。 どんなことがあろうと、子どもを支えていこう。母親は私しかいないのだと」

 


帰宅後、母娘に対して婦人補導員のアフターケアーが始まりました。 カウンセリングと日常内観の継続を支援したのです。 半年後、母娘は親友同士のような何でも話し合える仲に変ります。

 


歪んだ恋結婚し、赤ちゃんを抱く幸せ!!!

 

問題を克服した後、娘はあっさりと結婚してしまいます。 少女は、夫と挨拶に来てくれ結婚までの経過を話してくれました。 「彼は、『結婚するなら何も隠しごとがないようにしたい』と言い出しました。 私は、ずいぶん迷ったのですが話してダメになっても仕方がないと覚悟を決め、自分の非行を全部話しました。 彼は間をおいて『辛かっただろう』と、言って泣いてくれました。 私は胸にあったモヤモヤが、すっと取れました」

 


苦労したお陰で、少女はすてきな男性を見つけることができました。 現在は、幸せな結婚生活を送り、かわいい男の子の母親です。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中