内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記自立> 受験戦争

体験記 自立

受験戦争 自立 内観体験記


受験戦争を終えて

就職前に、学生生活を振り返るために来所した男子大学生の内観後の感想文です。

この集中内観を通して、今まで目に見えなかったけれど大事な、まるで空気のような存在を自己発見できたようです。 「いのち」「親の愛情」「周囲の人たちの親切」の3つです。 これらは非常に大切なことがらなのに、誰も教えてくれません。まして学校では教えてくれなかった

 

自分が生きている(いや生かされている)ことや、親や周囲への感謝の心は、結局、自分自身でみつける他ないのでしょう。 一週間、こうして屏風の中にこもり、騒々しい都会から離れた本当に静かな所で、 ずっと、これまでの自分を振り返ることができました。 そんな貴重な学びの場を提供してもらいました。

私たちは、ふだん「いのち」を考えない。あるいは意識しても非常に漠然としていることでしょう。 とくに、私のような大学生にとっては、まるで、よそ事のように思いがちです。 とかく、「自分だけは死なないんじゃないか」というへんな思いあがりでさえあります。

受験戦争 偏差値を上げるための勉強、ストレス、イライラ!!

そんな私でも、内観中に聞いた2つのテープで考えさせられました。「死刑囚」と「こうげん病」です。 自分の犯した罪の重さから、その代償として死刑を宣告された時、 あるいは一生治ることのない病気によって死の訪れを告げられたとき、 人ははじめて「いのち」のありがたさを痛感します。 死刑を宣告された当時は暴れ狂った囚人が、内観を通して、 まるで「今、自分が生きていることさえ信じられない」といった罪の自覚、反省、深い境地に辿りつく

 

また、現代医学では、まだ治せないこうげん病という病を、十九歳のころ、 ちょうど自分と同じ年代のころに発病した女性のテープ。 この内観もすばらしかった。
死の直前でさえ、点滴の針をうまくさせない看護婦を彼女は気づかって、 「針が入らなくて申し訳ありません」と自ら深く詫び、そして、本当に安らかな表情で死を迎える。


平生、自分の事だけしか考えず、あくせく行動し、心のゆとりをなくした私のような者には、思いもつかない心境です。 すぐ人を責め、なじり、自分を反省することさえできなかった私のような人間にとっては、どっしりと重いエピソードでした。

「親からの愛情」「周囲の人たちからの親切」。 そのような恩恵の数々は、両親の内観によって思い浮かんできます。 中学・高校を通じて、親を困らせてばかりいた自分に気付くことができました。 理由は受験勉強下でのストレス一流大学にうかるため偏差値を上げる勉強ばかりにエネルギーを費やして、家族にも大変な犠牲を強いてきました。 まさに「生活が勉強だけ」であり「人を偏差値の高低によって判断する」誤った価値観にとらわれていました。 大学を出ていない両親の学歴を責めストレスを感じてはムチャな要求を両親にする。


学校通学をバカにして家にとじこもって自主勉強し、そのことで親から注意されると、激しく反発して暴力を働いたうえに家中のものを壊しました。 今も、蹴破られて穴のあいたドアや、へこんだ壁や炊飯ジャーが、その痕跡をとどめています。
本当に申しわけないことをしました。 親がこの分からず屋に、大変な愛情と労力をかけていたことを内観を通じて思い出しました。

母への思い出。
まだ私が胎内にいるころ、頭がよくなるいい子に育つためにクラッシック音楽をきかせる「胎教」を母は実践しておりました。 親バカだな、と笑われるかもしれない。 胎教の効果は私が実証するのですから。 つまり「いい子に育たなかった」。 でも、そんなことはどうでもいいのであって、母親がどんな気持ちで胎児の私に音楽を聞かせていたか、 将来どんな子に育つのだろうかと夢見ながら大事に胎内で育ててくれたか、 そのことの方が計り知れない程、大事なことなんです。 母の「胎教」を、母自身からよく聞かされたことを内観中思い出しました。 その意味が今になってやっとわったのです。

父について。
受験で私が荒れている時に父は失業しました。 失業中に、父がどんな気持ちでいるか、全く考えなかったことが恥ずかしい。 考えなかったからこそあらゆる暴言を吐けたのだと思います。 ――「中卒のあんたに偉そうにいわれたくない」。 親の注意がどうしても受け入れられませんでした。 そのたびに「お前にそこまで言われるなんて、ワシ悲しいわ」と言って父は泣きました。


前の日の晩、酒を浴びるほど飲んでも、翌朝、出勤するころには何ともない顔で遅刻せず出かけ、 それをまじめに20年間以上も続けてくれた父なのに。 地味で目立たない親。 親として当たり前のことなのかもしれないけれど、ふだんは意識していなかった父の働きぶりも、 私への愛情があったからなんだろうな。 あれだけ私になじられても失業中の父は、受験中の私を思いやって 「学費ちゃんと払えるやろうか」と心配していたのです。

母に(あるいは父に)感謝するほど難しいことはない。これができて初めて他の人に対して素直に感謝できます」 と、内観中の何かのテープで聞きました。 なるほどあの頃の私には、あるいは内観前の私には、それができなかった。 内観を通してそのことを深く自覚できました。 周囲の人に見守られながら生きている自分に出会えました。


内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中