内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記自立> 生き甲斐

体験記 自立

青年生き甲斐 自立 内観体験記  


生き甲斐探 し

現代の若者は、生れた時から物質的に恵まれた生活をしてきた人がほとんどです。 余りにも豊かになりすぎて人生の中でふと立ち止まった時、 はたして自分は「何のために生きてきたのだろう」という大きな疑問にぶつかってしまう人もいます。 また、そのような若者は、得てして毎 日の生活に張りがなく、充実感を見出せません。


このような悩みを抱えて、直人さん(28才 仮名)は内観にやってきました。 直人さんの集中内観は、終始、これといった問題もなく、他の多くの内観者と同じよう な成果をあげたと言えます。 あえて他の人と違う点を探せば、大変明るい性格のために、面接時に非常に大きな声で答えていたということでしょうか。


そのため、同室の内観者から「声が大きすぎるから部屋を変えて欲しい」との苦情がでて、 内観途中で隣の部屋に移ることになってしまいました。 私たちにとってこのトラブルは、内観に携わって20年余り、約14000人の方と接してきて初めてのことでした。


青年生き甲斐 根アカ青年、大人になる!!!

直人さんは、現在不動産関係の仕事をしています。 ご両親は、共稼ぎでけんめいに働いてきました。 直人さんは、お母さんが仕事ばっかりして、かまってくれないことに不満を持ちつづけ、 両親に反発して非行に走り、婚約者と同居するまで遊びに遊びまくります。 お父さんは、経済的手腕を発揮しひと財産を作り、おかげで直人さんは人並み以上の給料をもらっています。


ところが、所帯を持ち、落ち着いた生活をはじめると次第に「人の目」が気になってきました。 他面、仕事や生活に張りがなく「何のために生きているのだろう」と、疑問を持つようにもなります。  



直人さんは「生き甲斐」を探しに当所にやって来たのです。 まず、両親への感謝の念を持つことが出来るようになりました。 帰宅時に、「僕は両親のおかげを感じたけれど、照れくさくて今までのことを『すみませんでした』なんて言 えなよ」と言って、元気よく歩いて帰って行きました。

この後、内観便りを送ってきます。 直人さんの場合は、朝から昼まで、仕事の一つである駅前の駐車場で料金所の番をしながら内観をしているそうです。 集中できるのは20分位。 集中内観後、一週間は、内観前と同じように何か不満なことがあると腹を立てたり、イライラしました。

ところが、1ヶ月もすると、自然に内観前と違った考え方をしている自分、 つまり、「だるい」とか「疲れる」という気だるい気持ちがなくなり、 何事も率先して物事をするようになった自分に気付きます。 勿論、イライラも少なくなってきました。

直人さんは仕事が自営業でだいだい午後からは時間が自由になるので、 近所の人から「仕事をしていない」という目で見られているのではないかと、 自分勝手に人の目を怖がっていました。 その上、両親には、「自分がブラブラしていても何も言わない。無責任ではないか」と、逆恨みしていました。 それが、内観で両親の認識が変わると、両親が自分に「まかせてくれている」と、思うようになったのです。

便りには、 「久しぶりに、姉が来て『(遊んでいないで)仕事をしているか』と聞かれ、僕は言葉をつまらせました。 ところが母は、すかさず『直人は家でちゃんと仕事をしているよ』と言ってくれ、ホッとしました。 今までさんざん遊んだのに母にそのように言ってもらえて幸せです」 と、結んでいます。 また、実際、彼は自分の日常の行動を思い出してみると、一つも人に迷惑を掛けていないことを内観で確認し、 自分がおびえていたのは「何かしなくてはいけない焦り」だけだったのだと気付いてきます。


そして「自分は、仕事をちゃんとこなしているではないか。何かをしなければならないと焦っていたが、昨年建てたマンションの借金が数億円ある。 これを返すというだけでも大変なことなのだ」

、自分で生き甲斐を見つけていきました。 生き甲斐は『青い鳥』のように、自分の中にあったのです。 さて、もう一つ直人さんの心を曇らす要因は、お父さんとの確執でした。 毎日、事務所で顔を合わせているのですが、お父さんが全部自分で決めてやってしまうので、 衝突を繰り返していました


そのため仕事に対しても自分の生き甲斐が見つからず虚しい思いをしていたのです。 しかし、内観から帰ってきてか らは、自分は父をホローすれば良いのだと考えるようになったと言います。 お父さんのやったことを尊重し、直人さんが変だと思うことだけ忠告するようにしました。 そうすると、お父さんも次第に直人さんの言葉に耳を傾けるようになってきたそうです。

ある日、仕事上のことでお父さんが悩んでいた時、直人さんがちょっとしたアドバイスをしました。 すると、お 父さんは、「お前の言っていることは確かだ。そのようにしよう」と、認めてくれたそうです。 お父さんは、それまで直人さんの意見など全く聞かなかっので、彼は嬉しくて仕方がありませんでした。 ここはそれ、根アカ青年です。「自分も大人になったナァー」と、一人で感動して喜んでいました。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中