内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記宗教>僧侶

体験記 宗教

内観体験記 宗教 僧侶


僧侶2人

僧侶の内観体験
★ある禅宗のお坊さんのお手紙です。


この人は中年で出家し、過去に2回集中内観体験しました。 数年前、僧堂から空き寺に入られました。

「私が今日、有るのは禅の修行もさることながら、当時内観を勧めて下さった先輩の雲水、 その他多くの方のお陰と深く感謝いたしております。 一人でこの寺に入り、年明けてあの阪神大震災。 無住の寺を、どうにか住めるようにするのも大変でした。 檀家さんも信者さんも有りません。食べることから始めていかなくてはなりませんでした。

托鉢を始めましたが世間はそんな甘いものでは有りません。 よそ者あつかいで受け入れてもらえません。 そんな状態の中でたった一人、仏間にむかって坐禅をし、涙し、 泣くことによって心が静まりゆくのを肌で感じておりました。 いつ頃か忘れましたが、坐禅中、気がつけば一生懸命に内観をしている自分に気がつきました。

しかし、いくら苦しんでも日常生活が改善される訳では有りません。 もう、万事窮すの現実を前にして、『』というものが頭に浮かんで来ます。 僧堂の老師は悲しむだろうな…と、思いました。 その窮地を助けてくれたのが知り合いの雲水でした。 相変わらず、その後も何度か窮地を味わいましたが何とか皆様のお陰で生命をながらえることが出来ています。


坐禅をし日常内観をおこたらず、つねに脚下照顧を忘れず過ごす。 その過程ではじめてそれ迄体験したことがなかった衝撃によって安心(あんじん)に導かれました。

このことを、はっきり自覚するのに一年ほどかかりました。 誠に不思議な出来事であり、至難の業です。 したがって今も内観をしますし、自己との対話も時にはします。 本当の自分を知れということですか。もう一人の自分に気付きニヤッとします。 現在、初心にかえり雲水のいでたち、修行という名目で街頭に出ています。


くる21世紀にむけて、私のようなつまらない者が出来ることと言えば、 托鉢をしている姿を通して世間様になにかを感じとってもらえたらと、 もうそれだけで本望と思わさせて頂いております。 今では皆様が良く声をかけて下さいます。 話しを聞きながら適切なアドバイスが出来るようになりました。 こんな世の中、悩み苦しむ人は大変多い。 先々、辻うら説法のようなことが出来たら良いなと考えております。 大都会に出かけ野宿し、ホームレスの人達の近くで一緒に休むこともあります。

テントおよび寝袋は持ち歩いております。 托鉢でのお布施は念頭になく、私自身の生死もありません。 本当に心配するものがなくなりました。 今の私の体は、世間様のものであって自己のものでは有りません。 

……………………………………………

僧侶  自分さえ悟ればよい、という身勝手さ!!

次は、真言宗の若い住職さんの内観感想文です。

★今やっと、これまでの悩み、苦しみ、コンプレックスから抜け出すことが出来ました。 内観に出会えたことを感謝致します。 又、ここまで導いて下さった父、母を始め多くの方々に、一人一人御礼を言いたい思いです。

私は、悟りを開きたい、高い霊界に行きたいと、それが人間に課せられた試練だと思い、 そのことのみに集中し、回りの方々の事など考えてもおりませんでした。
自分さえ悟ればよい、安心を得ればよいという身勝手さ、ごうまんさ、うぬぼれ……。 そのようなものばかりでした。 こういう事に気付かなかった自分が恥ずかしいし、 このような私が今まで人前で覚者の様に説法をしていたのかと思うと、とても恐ろしいことです。

又、真理を学ぼうとしない友人たちを、まるで地獄の亡者のように見て、 「アー、こいつらとは縁を切ろうかしら」 などと、一人一人の友人にしていただいた恩も忘れて、 私のような者を友人と思って下さっていたと思うと、涙が出るほどありがたいく思います。

今回はとりあえず目的は達せられましたが、まだまだ反省しなければならない方々、 材料が山ほどあります。 日常内観を続けなくては。 幸いにも私はそういう環境にありますので、これでできなくてはバチがあたると思っております。 とにかく、浮幽霊のような私に喝を入れていただきました。 有難うございました。
泥沼の中から一輪の美しい蓮華が開く、そのような生き方をしたいと思います。


内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中