内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記宗教>一念

体験記 宗教

一念  宗教 内観体験記 


一念

宗教色を払拭する前の、内観の全身「身調べ」は、どのようなものであったのでしょうか? 吉本伊信先生が編集に携われた、昭和26年発行『現代人とその宗教』
という冊子の中から「戦争未亡人の立場から」と題した一片を要約して覗いてみましょう。

内観という修行に対して、信仰心を持った方々の熱烈な求道の歩みがこの冊子に書かれています。 当時の吉本先生は商売をしながら内観の布教をしていましはた。 先生も真剣なら、求める人も命がけの内観でした。

以下は、その女性の手記です。

求道心 社会の荒波に打ち勝つよう信仰心を持ってほしい!!

私は12才の時、地獄極楽の絵を見てこわいやら悲しいやら不安で涙が出ました。
しかし、ありがたい説法を聞かせて頂いて地獄はないと胸をなで降ろしていたのです。 でも、一抹の不安がありました。

ある日、腹のたつことがあってお寺に行きましたが、納得いく答えをもらえなかったので、吉本先生を訪ねました。 心の不安を取り除いてもらえると思っていたのに 「良いことが多かったか、悪いことが多かったか帰ってから調べておいて下さい。 今度聞かせて頂きます」 としか答えられなかったので、 少し失望していましたが身調べすることを誓いました。

その後、お姉さんが「しっかり反省していますか」と励ましに来て下さいましたので、 子どもに授乳しながら、洗濯しながら、 お台所にいる時も一心に内観をして昭和15年に吉本先生のところへ内観に行きました。 が、子どものことが気にかかり引き止めて頂いたにもかかわらず振り切って帰ってしまいました。

1〜2年すると求道心が薄れ、集会日にも行かないこともありました。 しかし、心の中では死に対しては不安でした。
昭和18年一心不乱に吉本先生のもとで内観をしましたが 駒谷御師匠様(吉本先生の先生)は一目見るや「遠い、遠いダメです」と言われ家に帰り、 夫の胸に泣き崩れました。

その年、突然招集令状がきて、夫は「気になることはお前と子供のことだ。 頼むから社会の荒波に打ち勝つよう信仰心を持ち、内観の道に進んでくれ。 それが自分の一生の願いだ」 と言って出世しました。 生活難に耐え忍び、夫の残された言葉を思い出して求道心に燃え、 「油断するな」ますます本当にそうだと思い返し財欲愛欲自己主義の悪業死身に迫りました。

昭和21年、無常感が迫り実家の母に言うと 「死んでも御法縁に会うまで帰らないという気持ちで行きなさいよ」と送り出され、 今は最期と思い、子どもに授乳しつつ許して下さいよと謝って出かけました。

さっそく法座に坐らせてもらいました。迫り来る死と罪悪感に恐ろしくてなりませんでした。 十何日目にして、ついに悦ばせてもらいました。 その時の心境は全く口や筆では表現できま せん。 私の一生の間にこんな嬉しく思ったことがありましょうか。

その後、夫の戦死の公報に接しましたが、お陰で取り乱すこともなく、 心静に親子幸せに暮らさせて頂いております。 私はすでに助かったと信じて喜んでおりましたのに、先生から 、 「今、どのように内観して下さっておりますか。今死んだらどこへ行きますか」 とのお手紙にヤレヤレ安心と腰かけていた私は、胸に釘を打たれたようでした。

そして、心を取り戻して内観を続けました。 法を求めて12年間、この大法がなかったら今ごろどんなに苦しんでいたか分かりません。 御仏様の御慈悲を感謝しつつ。ありがとうございました。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中