内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記海外 >ヨーロッパ

体験記 海外

ヨーロッパ 海外 内観体験記


ヨーロッパの内観

内観旅行記 石井光先生
平成2年、8月下旬より半月間、所長の長島はヨーロッパの内観10周年記念に出席するため慌ただしく出かけました。 そして帰国。 夏バテのうえ、慣れない生活でどんなに疲れきって帰ってくる かと思っていましたが、 なんと、ルンルン気分のうえ、太って帰ってきました。

道中は、同伴した運転手が一人で、時速140キロでドイツ・オーストリア・イタリア・ハンガリーと、 全工程46000キロ(東京ー博多間は約1000キロ)を、レンターカーを運転して下さいました。 その上、就寝は大概午前2時。 よく体力が持ったものだと話を聞いてみた ら、よく運動し、よく食べ、 時間の切り替えがうまいヨーロッパの人の生活のパターンが 身についた (そうせざるをえなかったわけですが)からできたことのようです。

例えば内観フォーラム(講演会)で、講演、体験発表、と固い(?)話が終わった後、 夕食、そして演奏会、再度講演。 それからダンスパーティー。ここで陽気におどり騒ぎ、一緒に踊ることで楽しむのです。 とにかく生活をエンジョイし、その時その時を充実して生きているというアイデンティを持ち、 それに触れた長島は価値観を少し変えたみたいです。

内観フォーラム 内観面接者になる条件!!!

さて、まず最初に行ったミュンヘンの近くにある内観研修所は風光明媚な酪農地帯にあ り、 主に会社の経営者を対象に内観を行っているそうです。 ここの内観者は静かな環境で個室を希望。理想的な内観環境です。

内観フォーラムでの体験発表では「不眠症がなおった」 「内観すると日常生活が目に見 えてよくなる」など、現実生活での利点をあげる発言がありました。  一方、 「内観は精神療法であるとか、いろいろな解釈があるが、内観を他のカテゴリーには収まりきれない。内観は内観であると思う」 という発言もありました。
欧州の内観体験者は自己啓発が多く、宗教心から内観にかかわっている人もいるのでこのような発言があったのでしょう。


ヨーロッパで内観面接者になる条件は、2回以上集中内観を体験し、面接助手を4回以上しなければなりません。 その中から、共同面接者として受け入れるかどうかをオーストリアのフランツ・ リッター先生が判断します。 その間3〜4年。

 

リッター先生は内観と出会う前に、様々な心理療法を体験し、 10年間仏教センターの所長としてヨガとか、禅とかチベット・タイ・ベトナム等の仏教も学んでいたので、 内観に 出会った時に内観の良さをよく理解できたそうです。 その上、本職がコピーライターで経済界のこともよくわかる。 このようなリッターさんがヨーロッパで最初の面接者になったことは幸運でした。

最終日、ラジオ、新聞のインタビューを受ける。 その席上内観の説明をした後、一人の女 性記者が「記事を書く前に一度内観を体験してみたい。 次の研修会は何日か」と尋ねてきました。

『ヨーロッパの人は説明を受けて納得すればキチンと守る。 日本人は理論的な説明はなくても行動するが、ヨーロッパの人ほどキチンと守らない人が多い』 とのこと。 耳が痛いことです。

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中