内観で素直な心を Heart&Refresh

HOME内観で素直な心を内観体験記日常内観>シラウマ修復

体験記 日常内観

内観体験記 日常内観 トラウマ修復

日常内観を継続する

内観中に、幼少期のトラウマを思い出すことがあります。

トラウマの傷の深さは、そのエピソードによってさまざまです。

確かなことは、ご本人はそのトラウマによって辛さを抱え込み、生きているということです。

 

内観でトラウマを癒すには、

まず、援助者との信頼関係を築き、

対峙できるところ(思い出せそうなエピソード)からトラウマと向き合い、

援助者に話す。

 

という過程があるようです。

 

話をする中で、内観体験者がトラウマエピソードよりネガティブな自己理解(たとえば親から暴力をうけた。自分が全て悪かったからだなど)を、事実をゆがめて認識していた経緯を、事実そのものに修正し、ポジィティブな意識にするよう援助します。

 

トラウマ体験を持つヒトは、ネガティブな自己理解をすることが多々あるので、内観本来の目的である「事実をみる」ことが大切なのです。

 

 

内観中であれば、内観研修生がトラウマ体験を話されたときに、面接者がトラウマ体験をどのように受けとめるかを確認しながら、研修を進めます。

 

今回ご紹介する60代の女性は、内観後に帰宅してから自分で修復されました。

 

その体験から、ご両親に対する愛情を確認し、その愛情がトラウマを思い出させ、対峙し、自身で癒したという構図が見てとれます。

 

トラウマ修復

トラウマ修復

 

集中内観を終え、1ヶ月が経ちました。

日常内観は、その日の一日を振り返るくらいで、これから深めていきます。

 

 

集中内観の最終日、私は風邪でもないのにのどが腫れ、痛みだしました。

帰宅してから、薬を飲み、腫れのための塗り薬をぬってもかえってひどくなりました。私は、これは心理的なココロの問題から生じたのだと思い、集中内観中にわきあがってきた恐怖心のせいだと悟りました。

 

50年以上前、小学校入学したての頃、私は担任から言葉の暴力をうけました。

私はひらがなが書けなくて劣等感があったのに名前を書けと言われても書くと、その担任からココロの傷を切り開くような、バカにした言い方をされ衝撃をうけました。

担任は、その年の2学期に保護者の苦情で職したほどの強烈な教師でした。

 

それからです。

「先生」といわれる人に会うと、異常に緊張するのです。

 

しかし、私はなぜ、「先生」に対し緊張するのか、ずっと分かりませんでした。

 

内観中に、私はそのトラウマを思い出しました。

人見知りする幼い私に、その教師が何を言ったのか、内観後の今なおボンヤリとしか思い出せません。

でも、今は50年間思い出さなかったことで、自分のココロを自身で守っていたのだと思うのです。

 

そのトラウマを思い出したのは、私のココロが、もう思い出しても大丈夫と、内観中にサインを出したからです。

たぶん、そのサインは、ヒトの愛情に包まれて癒されたので、幼少期のトラウマが修復される下地になったのを見定めて、出てきたのでしょう。

 

ココロが、トラウマを受け入れたのです。

 

私は、内観をして両親のイメージが変わりました。

母親に世話になることが当たり前だと思っていたことが、そうではないことが分かりました。

 

父親とは、ぎくしゃくした関係を終生続けてきました。

威張っている父親が嫌いでした。

母親にきつい言葉をかける父親が、好きではなかった。

 

傷ついた母親をみることが、私は忍びませんでした。

しかし、内観をして寡黙な父親からも愛情をもらっていたことを確かめました。

 

私は、ココロの修養を長年続けています。

そのため、トラウマを自分で癒しました。

 

幼い私は、「先生」のことばの暴力に無抵抗でした。

傷ついた自分のココロが愛おしかった。

ココロにそっと手を当て、「愛」を注ぎました。

 

恐怖心を包み込むように……、

母親からの愛情、父親からの愛情、そして内観して感じとった周囲の愛情すべてをその恐怖心に注ぎました。

 

すると、徐々に腫れがひいて、2週間後回復しました。

芯から良くなったのは、1ヶ月後のつい最近です。

 

おかげで、「先生」に恐怖を抱かなくなりました。

心身ともにリラックスして、大自然と共に生きるということが、ほんの少し分かるようになりました。

 

自分を大切にすることを知りました。

 

1ヶ月半後、田舎に帰ってきました。

高齢の母親とともに亡き父親の墓前に手を合わせてきました。

墓参りのとき、曇り空がさっと切れて日が差し、晴れわたりました。

 

父の喜びが伝わってくるようでした。

 

 

 

内観のご質問・ご相談承り中。Tel/Fax.076-483-0715

e-内観の無料相談・お問い合せフォームは、お客様の個人情報を保護するためにSSL対応です。
>SSL対応無料相談・ お問い合せフォームへ

ページの先頭へ

家庭 熟年夫婦の魔物1  夫の浮気2  夫婦問題  離婚を繰り返さないために  嫁と舅・姑のトラブル  姑と別居  家庭の歪み  介護  トラウマ脱皮  虐待とトラウマへの挑戦  両親離婚後の子供  結婚反対されて  グリーフワーク  家族に優しくなりたい
教育 中学生  性非行  シンナー中毒  不登校  不登校保護者  いじめ  教員の自己啓発  生徒指導教員  小学校で内観  教員内観)  矯正界で内観
内観療法 病院で内観  過呼吸  過食  摂食障害  摂食障害者の体験記  家族の支援  娘の暴力1  家庭内暴力  父断酒と子供家庭内暴力  断酒  アルコール依存症の夫とその妻  ドラッグ  神経症  離人症  離人症2  双極 II 型 (そうとうつ)  不安感  うつ病  うつ病男性復職  教員のうつ  眼の不安と夢  無気力  ひきこもり  精神科医  ボーダー  大人の発達障害
自立 受験戦争後  大学教官と関係改善  殴られた記憶  留学先  生き甲斐探し  失恋  方向性を見失って
自己啓発 心理学教授  教育相談員  研究職定年  国文科院生  亡き人と生きる  集中内観を続けて  看護師    配偶者の死  死に直面  悩みを転じて  孤独感
仕事 上司  美容経営者スタッフ育成  ビジネスホテル支配人  社員研修  青年会議所で内観  メンタルヘルス  営業  人材育成  社員研修の内観応用方法  就職先で不採用のあと内観して採用  職場内の対人関係の気付き
宗教 禅宗僧侶・真言宗僧侶  修道女  一念  芸術と精神世界
海外 ヨーロッパ内観  国際内観学会
日常内観 トラウマ修復

臨床心理士・日本内観学会会員・内観医学会会員・日本心理臨床学会会員・元スクールカウンセラー・元大学学生相談員

内観研修ご予約・ご相談はお電話で。

北陸内観研修所では、臨床心理士の資格を持つスタッフが親切丁寧にご相談承ります。インターネットでの無料相談・お電話・ファックス・メールからの内観研修ご予約・ご質問・ご相談・見学 、本・カセットテープ等の販売はお気軽にどうぞ。
北陸内観研修所 Tel./Fax.076-483-0715

プライバシーポリシー

臨床心理士には、倫理規定が定められています。さらに個人情報、プライバシーにかかわることのご相談ですから、安心して内観研修できるよう北陸内観研修所の方針をご説明させていただいております。

研修要項

内観研修に関する費用・ご持参品等がご覧いただけます。事前に宅配便にてお荷物をおくられることも可能です。

営業時間・休日

お問い合せ時間 9:00〜19:30
電話、ファックスがつながらない場合、時間を置いてから 再度おかけ直していただくようお願い申し上げます。
原則年中無休ですが、学会参加などで休日にする場合もあります。事前にお問い合せくださいませ。

交通アクセス

列車・飛行機・自家用車をご利用の方は、 ご来所の際に交通アクセスと地図をどうぞ。

e-内観 WEB管理者

北陸内観研修所
〒930-1325 富山県富山市文珠寺235
Tel./Fax.076-483-0715
E-mail.info@e-naikan.jp
所長:長島美稚子北陸内観研修所 所長 長島美稚子


HOME内観で素直な心を図でみる、内観研修って?研修プログラム講座・懇話会・セミナー研修所概要サイトマップお問い合せ


Copyright © 2007 北陸内観研修所.All Right Reserved.
内観研修持ち物 交通アクセス 内観体験記 臨床心理士がカウンセリング 内観研修持ち物 交通アクセス e−内観 臨床心理士による心のリフレッシュをしてみませんか? 無料相談承り中